ITのきらいな男がIT業界に迷い込んで創ったビジネスモデル

中村 寛治

中村 寛治

サン・マイクロシステムズ、日本オラクルの名物営業を経て、2004年ヒューマンセントリックスを設立。動画プレゼンテーションという新しいビジネスモデルを構築。動画でご挨拶

プロフィール

外資系IT企業で、このまま営業として、生きていくことに限界を感じ、2004年6月株式会社ヒューマンセントリックスを起業。
お客様や従業員の喜ぶことを積み重ねていくうちに、「動画プレゼンテーション」という新しいビジネスモデルの可能性を見出す。創業6年半で、IT企業を中心に、SVP(Super Visual Presentaion)というブランドで500社超、3000動画突破、リピート率92%の実績。「人が登場する動画」といえば、「ヒューマンセントリックス」と高いマインドシェアとなる。

略 歴

1990年サン・マイクロシステムズ入社
1996年日本オラクルに転職
ITサミットの年(2000年)沖縄支社立上げ、初代支社長
2001年西部支社長を経て
2003年末退職
2004年6月ヒューマンセントリックスを設立
2010年12月現在 IT企業を中心に、500社超の実績