ソーシャルとリアルの双方を行き来しながら、海外事情を踏まえた情報を発信していくブログ

国内ソーシャルリクルーティングの現状とこの1年間の動向まとめ

»

このエントリーをはてなブックマークに追加

Socialrecruiting_top


ソーシャルリクルーティングという言葉をよく耳にします。Twitterを活用した採用活動は2009年から増えてきましたし、2010年〜2011年はFacebook活用の事例も増えました。冷静になってみれば、弊社ループスも2年前まではGoogle Adwordsで新規のお客様を開拓し、Findjobで人材募集を行い、楽天ビジネスでパートナー募集をしていたらしいのですが、2010年以降は顧客も求人もパートナーも、全てソーシャルメディア経由です。

※2009年は僕はまだループスに入社していません。入社した経緯はこちらに少しだけ記載あり。

【朝活】人気読書朝食会「リーラボ」発起人・加藤たけしさんに聞く!本業以外のプラスアルファがもたらすものは想像以上に多い / IT&ウェブ業界の転職をサポートする「CAREERzine」
http://careerzine.jp/article/detail/1386


リクルーティングに関しても、全てソーシャルメディア経由とまではいかなくても、ソーシャルメディアを使った企業の採用活動事例もこの1年間でかなり増えてきています。すぐに思いつく範囲で、この1年間の国内動向をまとめてみました。

(重大な抜け漏れ等ありましたら @takeshi_kato まで教えていただければ幸いです)

〜この1年間の国内ソーシャルリクルーティング動向〜

■2010年10月1日
Facebookがリクナビと連携、コネクションサーチの開始

■11月15日
サイバーエージェントやトレンダーズが2012年新卒採用にFacebook枠を設置

■11月17日
ソフトバンク・ヒューマンキャピタルが就活生向けの会社説明会をライブ配信

■2011年1月1日
LinkedInの日本語化は6月中か?の報道

■5月10日
世界6,000社以上の企業の採用を支援してきた“Work for Us”が日本上陸

■5月19日
LinkedInがニューヨーク証券取引所に新規株式公開

■5月25日
LinkedInがデジタルガレージと提携、日本語版オープンは年内へ

■5月30日
エンジャパンがFacebookアプリ「enTree Work(エントリーワーク)」をリリース

■7月29日
国内初の新卒採用 / 海外大生採用向けFacebookアプリ「JOBRING」がサービスイン

※上記まとめのための参考URLは記事の末尾に記載します。



ソーシャルリクルーティングといえば、企業活動で非常に重要な人材採用において、ソーシャルメディアを活用した採用手法を意味しているケースがほとんどでしょう。ソーシャルリクルーティングは「○○だ」と断言することはできませんが、たとえばTwitterやFacebookを使った採用活動は、ソーシャルリクルーティングの方法の一つです。

また、オンライン求人サービスの 米Jobvite が企業800社に対して今年の5〜6月に行った最新アンケートによれば、約90%の企業が採用活動にソーシャルメディアを使うという結果が出ています。国内ではまだまだ広がってきているとは言い難い状況ですが、米国では採用活動において、ソーシャルリクルーティングが一般的な手段の一つとなっていることが、この数字からも読み取れます。有望な採用はソーシャルメディア、特にLinkedInを使って行うというのが一般的になっているようです。

Socialrecruiting

<参考URL>
Jobvite-SRP-2011
http://web.jobvite.com/rs/jobvite/images/Jobvite-SRP-2011.pdf



採用活動のこれまでの話や、ソーシャルリクルーティングが秘めた可能性については、grooves社 CEOの池見幸浩氏がTechWaveに詳しい記事を寄稿してくださっているので、今回は説明は割愛します。以下の記事をご参照いただければと思います。

<参考記事>

可能性は無限 注目を集めるソーシャルリクルーティング
http://techwave.jp/archives/51669542.html

新定番はどれだ!世界が注目するソーシャルリクルーティングサービス8選
http://techwave.jp/archives/51670994.html



5月の米LikedIn上場、enTree WorkJOBRING など国内サービスの登場もあり、ソーシャルリクルーティングの概念が日本国内でも徐々に浸透してきました。ソーシャルリクルーティングを考えている企業担当者の方や、ソーシャルメディアを活用した就職活動を行おうとする学生の方など、個別にご相談をいただくケースも増えてきています。できる範囲でお力になれればと思っていますので、お気軽に @takeshi_kato までご連絡ください。

また僕の身の回りでいえば、以下3名のソーシャルリクルーティングに関するアウトプットのクオリティが素晴らしいので、Twitterアカウントとブログを併記してご紹介させていただきます。インテリジェンスの三石さん、アイティメディアの浦野さん、慶應大学4年生の小俣さんのお三方です。

■三石 原士 氏(@m_mitsuishi
 Designscape(デザスケ) 〜キャリアデザイン × ソーシャルメディア〜
 http://design-scape.jp/

■浦野 平也 氏(@ITmedia_HR
 ITmedia人事・採用ブログ
 http://itmedia-hr.typepad.jp/itmedia-hr/

■小俣 剛貴 氏(@goooooki
 Office WADE 〜日本のソーシャルリクルーティング事情について発信します〜
 http://blogs.itmedia.co.jp/goooooki/


中でも、浦野さんのこの資料は圧巻の一言。ソーシャルリクルーティングを考えている企業担当者の方、必見です。



最後に、このまとめ記事を書いていて思ったことを少しだけ。

この記事内でも先ほど「ソーシャルリクルーティングといえば、企業活動で非常に重要な人材採用において、ソーシャルメディアを活用した採用手法を意味しているケースがほとんどでしょう。」と書きましたが、「ソーシャルリクルーティング=ソーシャルメディアを活用した採用手法」ではありません。人によって定義は違うかと思いますが、僕はそう考えています。

浦野さんの言葉をお借りすれば、「採用のポリシー・スタンスやロジックをよりソーシャルなものに置き換えること」。これがソーシャルリクルーティングの本質であるはずです。ソーシャルメディアというツールを使うからソーシャルリクルーティングなのではなく、ポリシーやスタンスがソーシャルに変わるからこそ、それを体現するツールも変わるだけだと思うのです。もちろんツールがなければ考え方も浸透しないのですが、本質的なところはしっかりと意識しておきたいところです。

もっと言えば、採用活動・就職活動がよりP2Pになっていくことが、ソーシャルリクルーティングの本質なんだと思っています。今まではいわば「企業と大学」のやりとりだったのが、経営者や人事などの「企業内個人」と、十人十色の学生とのやりとりになり、双方にとってよりハッピーなマッチングにつながっていく。その実現を目指したコンセプトの採用活動がソーシャルリクルーティングであり、そのためのツールがソーシャルメディアなのでしょう。

enterprize


企業と学生の利益は背反しないはずですし、面接やインターンの場は「だまし合い」の場ではありません。一人ひとりがもっとイキイキと人生を過ごすために、まずは採用活動・就職活動という場が、今よりもより良いものに少しずつでもシフトしていくよう、微力ながらできることをしていきたいと思います。



<この1年間の国内ソーシャルリクルーティング動向のまとめ参考URL>

Facebook、就活生をサポートする新アプリケーション『コネクションサーチ』を公開
http://www.businesswire.com/news/home/20100930007187/ja/

サイバーエージェント、採用活動にFacebook®を活用 ~ユーザー限定就職イベントを開催、Facebook経由採用枠を設置~
http://www.cyberagent.co.jp/news/press/2010/1115_1.html

トレンダーズ㈱が2012年度 新卒採用に「Facebook枠」を設置
http://www.trenders.co.jp/release/release20101115.html

ソフトバンク・ヒューマンキャピタルがUstreamでオフィシャル就活支援番組を配信
http://www.softbankhc.co.jp/press/release/2010/20101117/150000.html

ビジネスSNSのLinkedInが6月ごろに日本語化か――現在日本語の翻訳者を採用中
http://jp.techcrunch.com/archives/jp20110101linkedin_might_launch_jp_version_in_2011/

Facebook上の採用ツール"Work for Us"(ワークフォーアス) が日本初上陸!
http://www.leggenda.co.jp/news/press/20110510-01.html

Facebookアプリ「enTree Work(エントリーワーク)」をリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000112.000000725.html

新卒採用、海外大生ソーシャルリクルーティングツール:facebookアプリ「JOBRING」公開
http://techwave.jp/archives/51690264.html



Facebookページリニューアルのご報告

ループスのFacebookページを8月にリニューアルオープンしまし​た。早速700名以上の方々にいいね!を押していただき、嬉しく思っています。


日本語の「ループス」も含めたページ名にしたこと、これまで未対​応だったチェックイン機能のスポットに対応したこと、主にこれら​2点を旧ページ「Looops」から改善しています。

この新ページ限定のコンテンツ・最新情報も発信していく予定です​。引き続き応援いただければと思います。



<最近の人気記事>

新宿〜渋谷近辺で無線LANが飛んでて雰囲気が良い電源カフェ4選
http://blogs.itmedia.co.jp/socialreal/2011/07/lan4-3527.html

海外の最新シェア系サービスをまとめたインフォグラフィック&サービス18選
http://blogs.itmedia.co.jp/socialreal/2011/07/post-d8bc.html

日本でも広がってきた新しいシェアのスタイル「コワーキング(Coworking)」
その現状と国内最先端事例5選
http://blogs.itmedia.co.jp/socialreal/2011/08/coworking-5-dc7e.html

このエントリーをはてなブックマークに追加


ソーシャルメディアや海外情報など、加藤たけし&佐藤茜( @AkaneSato )夫妻の Facebookページ @cafe(アット・カフェ)こちら

※はじめての方はこちらをぜひご覧ください → 自己紹介 / このブログの紹介はこちら


【ソーシャルメディア・アカウント】

Facebook:http://www.facebook.com/takeshi.kato1204
Twitter:http://twitter.com/takeshi_kato
プライベートブログ:http://take1204.blog7.fc2.com/
Facebookページ:http://www.facebook.com/atcafe0920
mixi:http://mixi.jp/show_profile.pl?id=3208596
キーワード:ソーシャルメディア、コミュニティ、読書、教育、地域活性
テーマ:ひとりじゃできないこと、みんなでやる。


【株式会社ループス・コミュニケーションズ】

ホームページ:http://www.looops.net
Facebookページ:http://www.facebook.com/looops.net
Twitter:http://twitter.com/LooopsCom
Ustream:http://blogs.itmedia.co.jp/socialreal/2011/07/ustreamlooopstv-7955.html


【ループス メンバーのブログ一覧】

ソーシャルメディアのビジネス活用総論(CEO 斉藤 徹):http://blogs.itmedia.co.jp/saito/
ソーシャルメディア運用・炎上事例(副社長 福田 浩至):http://blogs.itmedia.co.jp/kojifukuda/
ソーシャルゲーム・ゲーミフィケーション(岡村 健右):http://blogs.itmedia.co.jp/kensuke/
Facebookのビジネス活用・テクノロジー(許直人 旧姓:岡村):http://looops-lab.com/naoto/
コーポレートコミュニケーション(鬼頭 正巳):http://masamikito.posterous.com/
ソーシャルメディア × スポーツ(北野 達也):http://blogs.itmedia.co.jp/sstheworld/
ソーシャルメディア × エンターテイメント(矢野 悠貴):http://blogs.itmedia.co.jp/yanoyuki/


【担当書籍】

以下5冊の書籍担当です。こちらに関するご感想もお待ちしております。

1.ソーシャルメディア・ダイナミクス(毎日コミュニケーションズ)
2.ひとつ上のFacebookマネジメント術(技術評論社)
3.仕事を成功に導くFacebook活用術(ソフトバンク クリエイティブ)
4.Facebookブランディング(翔泳社)
5.まったくの初心者でもFacebookをビジネスで使いこなせる本(日本実業出版社)

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する