二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

『動画配信サービスの黒船』ではないhulu

»

今日は動画配信サービスでアメリカではメジャーなhuluのイベントに行ってきました。
昔々にJoostが流行ったころに対抗馬としてあがったhuluが
今やっと日本に来ていることにちょっとした感慨を感じます。
※Joostもクライアントソフト型のときはちょっとイケてたんですけどね・・・

社長の挨拶やら、体験イベント、
実際の中で働く方のお話などを伺った結果、
このhuluというサービスはいくつかの既存のサービスにはない、
強みが3つがあることがわかりました。

①優れたコンテンツ
現時点でも、かなりのアメリカのコンテンツを保有しており、
ウォルトディズニーなどのヒットコンテンツメーカーと
強い結びつきを持っています。

送信者 0901hulu

しかも今日のイベントでは日本でも有数のコンテンツメーカーの皆様が
参加されており、ここから日本のコンテンツもバンバン参加していくような、
そんなイメージがつかみ取れました。

②抜群のユーザビリティ
製品を触って感じた、強みとしてユーザビリティの高さがあります。
特にビットレートが不調だった場合、
現在の再生画面を維持したまま、動画のビットレートを変えることが出来ます。

これは意外とありそうでなかった強みで、
長時間の動画を見る場合にうってつけのポイントです。

送信者 0901hulu

もちろん日本語字幕の有り無し、フォントの選択も思いのままです。

③サービス&サポートポリシー
実際に展示会に来ていたhuluの社員の方とお話させていただいたときに、
サービスや、サポートに関する真摯な姿勢を感じることが出来ました。
特にサポートにおいては、『自社社員が対応』、『サポートツールも内製』など、
力をいれているところのお話が聞けました。

なにより、10人しかいない日本の事業所で、
ザッポスのようなユーザに選ばれるサポートをしていきたいとの話は、
ユーザ側から見ても心強いものだと感じました。

総じて感じた印象として、
やはり、新しくサービスをリリースする1企業としての、
ベンチャースピリッツのようなものを感じました。

はてブやニュースサイトを見る限り、ネットのアーリーアダプタの注目度は高いですが、
何しろ有料サービスが根付きにくい日本において、
どこまでいけるでしょうか?
今後に期待です!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する