二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

90分で没落する男の話、野村萬斎の「マクベス」

»

日曜日の話ではありますが、
世田谷パブリックシアターで公演しているマクベスを見てきました。

マクベスは、かの有名なシェークスピアの4大悲劇の一つで、
野心を持ってしまった主人公の繁栄と没落の話では有るのですが、
この野村萬斎版のマクベスの特徴はなんと5人の演者で演じきるということと、
90分という短い時間に詰め込んだというマクベスの内容を凝縮した作品となっておりました。

主人公のマクベスを演じるのは狂言師の野村萬斎、
圧倒的な存在感はやはり舞踊るシーンから感じられるところがありました。

シェークスピアを知らない僕でも楽しめましたが、
ちょっと後半の展開は駆け足かな、、、
まぁ90分の総集編なので、わかりやすいはわかりやすいのです。

3人の魔女たちの誘いにより、野心を持ってしまった男の
没落していくさまはなかなか哀愁ただようものがありました、
3月4日まで、公演しています。見に行かれる方はお早めに。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する