二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

【TED】性善説と性悪説、どちらも正しくはないといった話『フィリップ・ジンバルド -普通の人がどうやって怪物や英雄に変貌するか』

»

※今回のエントリで取り上げる動画はバイオレンスな内容を含みます。
 職場で見られることをお勧めしないのはもちろんですが、
 語られるその内容は知っておいたほうが良いことかと思います。

前に取り上げた、エントリからTEDについて調べ動画を見ています。

前回のエントリ 
一人の男にフォロアーがいてリーダーとなる。『デレク・シヴァーズ 社会運動はどうやって起こすか』

今回は、カラパイアでも取り上げられていた
『フィリップ・ジンバルド -普通の人がどうやって怪物や英雄に変貌するか』
を僕も取り上げたいとおもいます。

 

人間の心に潜む「善と悪」:普通の人が どうやって怪物や英雄に変貌するか(日本語字幕付) カラパイア

カラパイアだけしか見ていない人はぜひとも2番目の動画を見てください。
この動画は2つに分けてアップロードされており、
1番目には「普通の人がどうやって悪になるか」を米軍のアブグレイブ刑務施設を例にとりながら説明はしておりますが、Youtubeを良く見ると1番目の動画は3600の再生数に比べ、
2番目は360の再生数しかありません。

僕は2番目まで見ましたがそこには「es」の映画の元となった
スタンフォード監獄実験の映像まで出ています。※実はジンバルドは実験者

最終的な結論としては『匿名性と権威により普通の人が怪物となりえる』
ことが語られていますが、解決方法も動画の中で示されています。

『問題は個人ではなくシステムにある(環境によるところが多い)』
『英雄的なことをする普通の人々による救いをもたらす』
など、前編のみを見ただけでは陰鬱とした気持ちになるものを、
取り去ってくれるような救いのあるスピーチとなっています。

最初にも話しましたが、比較的暴力的な内容を含みます、
了承の上、再生くださいませ。

Comment(3)

コメント

ryota

非常に面白いです。
日々の行動上も意識するべきことだし、たまに(じゃ駄目なんだろうけど)意識することもあります。
こんな実験までしているとは知りませんでした。

待機中の英雄、とは良いアイデアですね。
ゲームとかでも疑似体験できるものもあるけれど、それを授業等でも取り入れるというのは画期的だし非常に興味深いです。

工藤@一人シリコン

>>ryotaさん
予想もしないことに東日本大震災では、ある一定の緊張状態に人間が置かれると
どのような選択をするかの特異な例が出たと思います。

たとえば、一番最初にデマが拡散した、
「コスモ石油の知り合いが雨が降ったら有害物質が降る」といった内容の
デマが拡散したときに、みんながみんな
「良かれと思って」拡散していった背景がありました。

確かに皆が皆、英雄になれればよいのですが、
「最善の方法が最善の結果をうむとは限らない」
ことが世の中にはあるなと感じるところがあります。

ryota

>「最善の方法が最善の結果をうむとは限らない」
言われている趣旨はわかりますが、それは定義が間違っているのではないでしょうか。
「最善」の方法は、「最善」の結果につながる方法である、と一般的には定義がされることだと思います。

おそらく、「当事者として行動している最中は、(たとえ最善と思って行っていても)その方法が「最善かどうか」の判断ができない」と言うことでしょう。

デマについて言えば、例に挙げていただいたように、故意に流したのではないものもあれば、逆に故意に「デマ」を正しいものとして流している例もありますね。
後者は明らかに何か別の目的があって、そのための道具、または布石として使われているのだと思いますが。
政府が後者の使い方をはじめると、国民との間の信頼関係が無くなるので、国家としては弱体化、または崩壊の危機にあると思います。
(今回の原発関連の情報についてはまだ検証段階だと思ってますが)

コメントを投稿する