Various news of ITmedia Alternative BLOG

ブロガー執筆書籍紹介 AR-拡張現実

»

オルタナティブ・ブロガーの執筆書籍をご案内する本シリーズ、第41回はシロクマ日報の小林 啓倫さんが執筆された『AR-拡張現実』です。


 

41a AR-拡張現実
 
 
著 者:小林 啓倫
出版社:毎日コミュニケーションズ
発売日:2010/7/24
価 格:¥819 (税込)

 

購入する   AR-拡張現実 (マイコミ新書)

 

-----------------------------------------------------------

概 要
AR(Augmented Reality)=拡張現実という概念・技術が、最近注目を集めている。モニター越しに映る現実世界にさまざまなデジタル情報が浮かび上がる、そんな漫画やアニメ、SF作品でおなじみの光景を実現するのがARとは何か、今ARに何が起きているのか、そして私たちの生活をどのように変えようとしているのか。遠い未来の話としてではなく、すでに現在になりつつある話として考察する一冊。

 

目 次
プロローグ
第1章 ARとは何か
第2章 ARの構成要素
第3章 表現を変えるAR
第4章 表現としてのARを実現した「実物大ARエヴァンゲリオン」
第5章 コミュニケーションを変えるAR
第6章 ネットを変えるAR
第7章 空間を変えるAR
第8章 日本企業にとっての可能性
エピローグ

 

著者プロフィール
ITジャーナリスト。
国内SI企業、外資系コンサルティング会社、米国でのMBA留学等を経て、2005年より国内コンサルティングファームに勤務。奥さまがどえりゃー可愛い(アイドルみたい)だということは、公然の秘密です。

-----------------------------------------------------------

書評・レビュー

Amazonレビュー

AR-拡張現実 (小林啓倫):tokuriki.com

小林啓倫『AR―拡張現実』(マイコミ新書):yomoyomoの読書記録

『AR―拡張現実』を読んだ。:Parsleyの「添え物は添え物らしく」

小林啓倫『AR―拡張現実』マイコミ新書、2010年:MORIMOTO’S BLOG

小林啓倫『AR:拡張現実』マイコミ新書:読書感想文

[書籍感想]AR-拡張現実:kagamihogeのblog

『AR-拡張現実』と『父として考える』を読んだ:アルカンタラの熱い夏

「AR-拡張現実」を読了:日々の気になる出来事

※ 書評を書かれた方、トラックバックいただけると幸いです 

-----------------------------------------------------------

関連記事

注目技術「AR」のいまがわかる! - マイコミ新書『AR―拡張現実』発売:マイコミジャーナル

『ラブプラス』もAR? 有名ブロガーに聞く拡張現実の現在と未来:日刊サイゾー

-----------------------------------------------------------

「AR」というと、ずーっと前に観た映画「トマ@トマ」を思い出します。でも落ちついて考えてみると、トマ@トマは拡張現実ではなくて仮想現実ですね。と思いつつ、↑の関連記事を読んだら、『ラブプラス』もARの一種であるらしい……どっからどこまでがARなのか、わたしのリアル現実脳みそは分からなくなりまーしたー。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する