アジャイルに行こう!

HOLSTEE Manifesto (3)

»

HOLSTEE Manifesto についての続報その(3)。

HOLSTEEは持続可能性をテーマにした、とてもいいデザインの小物や洋服のブランド。そのマニフェストがすばらしいので日本語訳をした、というのが前回までのお話

その後、今年の7月に仕事でニューヨークに行く機会があった。astahのお客さんがニュージャージーとマンハッタンにある。そこを訪問したのだ。

Holsteewithmikeyokoそして、HOLSTEEが、ブルックリンブリッジの近くにあることを知り、そこを訪ねた。こんな訪問は、どんどん行った方がいい。

会ったことがない人でも、その人の仕事に尊敬できることがあったら、それを伝えに行きたいと思う。きっと受け入れてくれる。

Manifestoの著者の一人、Mikeにあえて、偶然、日本人ニューヨーカーで、テンポラリタトゥーのTATTLYを公開したばかりのYokoさんも来ていたのでみんなで写真をとった。Mikeは、パスケースや絵葉書など、たくさんのお土産をくれた。ありがとう!!

信じているものでつながるっていいね。とってもすがすがしい午後だった。

このマニフェストには、たくさんのファンがいる。こんな動画まで!


YouTube: Holstee Manifesto

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する