アジャイルに行こう!

XPは第二版になって過激さを失ったか?

»

ちょっと長いが、今朝のKent BeckのXPメーリングリストへの投稿を引用、要約したい。このメールは、「XPは第二版になって、その過激さを失った」というスレッドへの回答になっている。

RE: [XP] Do it by the book
Wed May 2, 2007 1:32 am

XP2nd になってXPは「ダイヤルダウン」した、という意見をよく聞く。1stよりソフトに、柔軟になったといわれるのは嬉しいことだ。2ndが攻撃性を欠いているのは意図的だ。ぼくのゴールは、「価値」(value)を基礎にした「原則」(practice)を活用することで、できるだけアジャイルになること。「実践項目」(practice)のチェックリストを作ってしまっては柔軟性を失ってしまう。実践項目は外的要素との重ねあわせだ。価値と原則に沿って行動することで柔軟性が増すが、自身が意識を持つことが必要だ。よい考えをよく実践するには、強制に頼ってはいけない。第二版では、実践項目チェックリストを埋めるより、人と周囲の状況により注意を払うように重きを置いている。

XPは、第一版の「本の通り」できかもしれないが、そのやり方では、リスペクト、ビジネス全体、説明責任、プロセスと結果に対する責任、の観点が抜ける。「チーム全体でビジネス価値を高めること」は、「自分自身がよいプログラマであること」よりもずっと難しい。

最後の文章は、

It is much harder to consider value to the business as a whole than what is good for me as a programmer.

すごいなー、Kent 自身が、いつも成長していることを示す文章だ。原文は、こちら。
http://tech.groups.yahoo.com/group/extremeprogramming/message/128285

Comment(2)

コメント

こんにちは、はじめてコメントさせて頂きます。
たしかに第二版の方が、プロジェクトをとりまく社会的関係に目配りが行き届いている、という点で成熟を感じます。ただ、僕としては、第一版のあの熱さ、「こんな突拍子の無い考えをどう書けば読者にわかってもらえるのだろう」といううめきが行間からにじむような文体にも魅力を感じます。これが読まれなくなってしまうのは、惜しい気持ちもするのです(日本では翻訳に問題があるとはいえ)。第二版は別の本として出してくれたら良かったのにって、僕は思うことがあります。平鍋さんはどうでしょうか?
では。

平鍋

picky さん、
おそらくご指摘の通りです。ありがとうございます。

keis さん、
ぼくも同感のところがあります。すなわち、XPの価値は、「開発=工学+管理」という通常の価値観に風穴をあけ、「いやいや、愛だろ」と叫んだ、いわばロックンロールですからね。ただ、変化すること、が本質である、と言った瞬間に、自分の変化、本の変化にこそ意味が宿るわけで、そういう意味では、必然かもしれません。1版は、そのまま、読まれていくと思います。

コメントを投稿する