決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

Twitter のリスト機能――プラスかマイナスか?

»

Twitter がベータ公開中の新機能「リスト」。簡単に言ってしまえばユーザーのグルーピングができるという機能なのですが、昨日紹介記事を書いたところ、思いがけず大きな反響がありました。そこで改めて、この機能のプラス面とマイナス面を考えてみたいと思います。

まず最初に、昨日の記事については「影響力のあるユーザーになることだけが Twitter の目的ではない」というご批判をいただきました。これは正直言って、その通りだと思います。個人的にも Twitter の楽しみ方は人それぞれだと思いますし、何が何でもフォロワーを増やせ!と言うつもりはありません。そういった価値判断抜きで、自分の発言が伝わる経路が変わりつつあるという話だとご理解いただければと思います。

さて、改めてこの「リスト機能」のポイントをまとめておきましょう(※あくまでもベータテスト中の仕様ですので、正式公開時には変更される可能性もあります):

  • リスト(グループ)を作って、そこにユーザーをまとめることができる。
  • リストに入れるユーザーをフォローしている必要はない(フォローされている必要もない)。また自分を含めることも可能。
  • 他人のリストを閲覧したり、「フォロー」することも可能(非公開リストを除く。またリストのフォロワー数も確認できる)。フォローしたリストは、右サイドバーに表示される。
  • 自分が所属しているリストの数はステータス上に表示され、どんなリストに加えられているのかを確認することも可能。
  • また他人がどんなリストに加えられているのかを確認することも可能。

ざっとこんな感じ。細かい点はまだいろいろありますが、とりあえずこの仕様で正式公開されると想定して話を進めます。

さて、この機能のポイントは何といっても

他人とリストを共有できる

という点と、

自分を含む各ユーザーが所属しているリストが確認できる

という点でしょう。単なるユーザーのグルーピングだけであれば、既に実現している Twitter クライアントが存在していました。しかしそのグルーピングが他人と共有できる、しかも Twitter の公式機能として、という点が、リスト機能をユニークなものにしています。

例えば僕が、三鷹-吉祥寺エリアについて有益な情報を提供してくれるアカウントをまとめたリストを作成したとしましょう。そのリストが素晴らしい出来で、多くの人々にフォローされれば、後からやってくるユーザーは「ああ、三鷹-吉祥寺に興味があればこのリストをフォローすれば良いのだな」「僕は常にこの地域の情報をチェックしたいから、リストのフォローではなくリストに含まれているユーザーをフォローするようにしよう」などといった判断が可能になります(現状ではフォロワー数の多いリストを簡単に探す仕組みは提供されていないのですが、APIが公開されればそんなサービスはすぐに登場するでしょう)。このように特定のテーマのアカウントを探しやすくなりますし、またタイムライン上に流れるアカウントの数を増やさずに誰かをフォローするということも可能になるわけですね。

これは大きなプラス面であると同時に、ある意味で Twitter の世界を一変させてしまうものになるでしょう。何しろタイムラインとは別に、並列するタイムラインがいくつも作れるようなものです。しかもそのタイムラインは他人と共有できて、支持率までもが明らかになる――それは「自分のタイムラインを自分でつくる」という、従来の Twitter のイメージとは全く異なります。

そして「誰がどんなリストに含まれているのかが分かる」という点ですが、これは「タグ機能としての Twitter リスト機能」でも書いた通り、まさしく個々のユーザーに対するタグのような存在として機能する可能性があります。僕が「~社員リスト」「~住民リスト」「娘を持つ親リスト」などのようなリストに属していれば、最近の発言を見なくても、小林という男がだいたいどんな人間か分かってしまいますよね。

僕の場合、こうした情報は別に隠していませんから、リストに載せられても構いません。しかし何らかの理由で所属企業を公開していなかったり、住んでいる場所を隠しているユーザーがリストに加えられていたらどうでしょうか。あるいはもっと悪いパターンとして、「バカなことしか言わない奴リスト」のようなものが作成され、そこに自分の名前が載っていたら。個人的にはこうしたケースを想定して、「望まないリストから自分を削除する」的な機能を Twitter が実装してくる可能性が高いと思いますが、だとしてもおかしなリストに加えられていないかどうかを常にチェックしているわけにはいきません。この「タグ問題」、けっこう根が深いと思います。

ということで、新しいユーザーと知り合ったり、発言のチェックがしやすくなったりというプラス面がある一方で、実質的なタグ機能というマイナス(になりうる)面があるリスト機能。個人的にはプラス面が上回ることを信じて正式公開に踏み切って欲しいと思いますが、公開されれば様々な意味で「古き良き Twitter」が過去のものになるのではないかという懸念もあります。ただ、そういった感情はノスタルジーだと言われてしまえばそれまででしょう。公開されたらされたで、ますます増えてきている新しいユーザーたちを中心に、また別の最適解が見いだされていくような予感もしています。

【関連記事】

Twitter のフォロワー数が重要ではなくなる日
Twitter、「リスト(Lists)」機能を限定公開中
タグ機能としての Twitter リスト機能

「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power 「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power
小林 啓倫

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-11-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【○年前の今日の記事】

「オンライン」には、「磁気ディスクによる受け渡し」も含まれるらしいという話 (2008年10月20日)
「明日使えるものばかりですね」 (2006年10月20日)

Comment(6)

コメント

ひとぴん

こんにちは。
久しぶりにコメントいたします。

リスト使ってないので未だにピンときてないです。
アキヒトさんがおっしゃってるのだから、面白い仕組みなんだろう、という期待もありますが、一方で果たしてそんな複雑な仕組みが大半のついったらーに受け入れられるのか?という疑問もあります。僕が理解できてないだけ、という可能性が一番高いですけどねw
少なくとも積極的に活用するユーザとほとんど利用しないユーザに二分化されそうな気はしてます。

何にせよ、正式公開開始楽しみにしてます。

ひとぴんさん、コメントありがとうございます。

> 一方で果たしてそんな複雑な仕組みが大半のついったらーに受け入れられるのか?という疑問もあります。

いや、正直なところシンプルさがTwitterの最大の魅力ですから、リスト機能がまったく受け入れられないという可能性もあると思います。少なくとも、リストをバリバリつくるような「リスト職人」はほんの一握りになるでしょう。

ただ、検索機能やハッシュタグのように、SNS的な使い方をしようと思えばできるというのがTwitterの魅力の1つでもあると思います。複雑化やマイナス面を最小限に抑えた上で、新しい価値を「欲しいと思っている人に提供できる」かどうか。ポイントはその辺になると思いますが、しかしハッシュタグをめぐって最近騒動が起きたことを思うと、リスト機能が混乱を招くのは不可避かな……とも思います。

Necolaus

はじめまして。


>何らかの理由で所属企業を公開していなかったり、住んでいる場所を隠しているユーザーがリストに加えられていたらどうでしょうか。
万が一そのようなリストに載せられる可能性があるとしても、本人の自己管理の問題です。
他人に知られたくない情報は絶対に公開しないというのはwebの大原則ですし、仮にリスト化されたとしても自業自得なのではないかと。


>あるいはもっと悪いパターンとして、「バカなことしか言わない奴リスト」のようなものが作成され、そこに自分の名前が載っていたら。
それはあくまでも、「リストの作成者(およびそのリストをfollowしている人たち)にとって」バカである、ということにしかならないでしょう。
よっぽど知的な分析を掲載した上でバカと認定されリスト化された場合はしようがありませんが(残念ながら、リスト化された人たちは本当にバカなのでしょう)、そうでないならやらせておきましょう。悪質な名誉毀損等、法的なレベルに達した場合は別ですが。
そのリストに自身が追加されたからといって、周りの誰もがそこにいる人たちをすぐさまバカだと認識するわけではありませんし、もし追加されたところで、自身が正しいと思っているなら堂々としていればいいだけです。
言ってしまえば、リスト作成者自身が目も当てられないほどひどいおバカさんである可能性も常にあるわけですから。
頭のいい人は本当にバカか否かすぐ気付いてくれるでしょうし、バカな人は誰がなんと言おうと自分がバカだと思ったものを頑なに妄信し続けるでしょう。


とは言っても、そのような風評被害が気にならない人ばかりではないので、Twitter側でのなんらかの対策は必要なのではないか、というのはもっともな意見だと思います。

Necolaus さん、コメントありがとうございます。

> 他人に知られたくない情報は絶対に公開しないというのはwebの大原則ですし、仮にリスト化されたとしても自業自得なのではないかと。

仰る通りで、個人的にもそのように行動しているのですが、初心者にはハードルが高いかな、とも感じています。リスト機能にも不安を示している方が少なくないですし、実際には守るのが難しい原則なのではないでしょうか。

> それはあくまでも、「リストの作成者(およびそのリストをfollowしている人たち)にとって」バカである、ということにしかならないでしょう。

こちらも仰る通りで、個人的にも誹謗中傷はスルーするのが一番なのではと感じています。ただこちらも初心者にとっては、「気にするなと言われても……」といったところではないでしょうか。やはり Twitter 側でも何らかの予防策を講じておくべきでは、と感じています。

twitterリスト機能のAPIについて検証してみました。

向井田さん、情報ありがとうございます。
こちらのエントリですね:

http://www.eternaldesign.jp/blog/twitter-api-091023

こちらでも書かれていらっしゃいますが、まだベータ段階ということで、正しく機能しない部分が見られます。正式公開までに、APIの仕様も含め、きちんと整備されると良いですね。

コメントを投稿する