決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

秋葉原通り魔事件とデジタル野次馬

»

CloseBox and OpenPod で松尾さんも取り上げられていましたが、皆さんご存知の通り、昨日のお昼ごろ秋葉原で通り魔事件が発生しました。犠牲者の方々に、心からご冥福をお祈りしたいと思います。

大勢の人が集まる繁華街で、白昼堂々と無差別に人を殺す。これだけでも異常なことなのですが、それとは別に、この事件から衝撃を受けたことが2つあります。最初の驚きは、NHKが「居合わせた人が携帯電話で撮影した、犯人逮捕の瞬間の写真」を放映していたこと。しかもその写真は、「インターネットの画像共有サイトに載せられていたもの」だと紹介されていました。

速報性という点で、ネットが既存のマスメディアを凌駕しつつあることはご存知の通りです。松尾さんと同様、僕も事件を知ったのは Twitter に書き込まれたメッセージから。テレビをつけたもののニュース番組はやっておらず、ネット上のニュースサイトやブログ等で詳細を知ることに。こうやってテレビや新聞等を使わずに情報を得ることは初めての経験ではないのですが、「NHKがインターネット上にアップされていた写真を使う」ということに、時代が確実に変化したことを感じました。

そしてもう1つの驚きが、事件発生直後に Ustream で現場のネット中継が行われたこと。これについては、実際に中継を行った方が心境を書かれているので、是非ご一読いただきたいと思います:

秋葉原刺殺事件に遭遇して (Recently)

また映像という点では、YouTube にも何点か動画が投稿されているようです。

最初に情報を発信するのは事件に居合わせた人々であり、マスメディアはその後を追う――善し悪しは別にして、既にそんな状況が生まれています。その意味で、僕ら全員が知らないうちに「市民記者」になっているのではないでしょうか。さらに今回の事件では、自分が携帯電話で撮った写真を、赤外線通信で周囲の人々(赤の他人)にコピーしてあげる人がいたそうです(参考記事)。ネットを介さなくても、「報道」の役割を果たせる状況が生まれていると言えるでしょう。

であるならば、「普通の人々が記者になるとはどういうことか」という問題は、オーマイニュースやJANJANに登録している人だけが考えれば良い時代ではないと思います。僕自身、マスメディアを批判する文章をよく書いてしまいますが、その矛先は同時に自分自身に向いていることを自覚しなければならないでしょう。でなければ、「自分だけでなく他人の野次馬根性も満たす」という点で普通の野次馬よりもタチの悪い、「デジタル野次馬」に成り下がってしまうと思います。

今回の事件の犯人が、事前にネット上で犯行予告をしていたという報道があります(参考記事)。また静岡に住んでいる男がわざわざ秋葉原に出てきて殺人を犯すという点からも、彼が「デジタル野次馬」たちを意識していたフシがうかがえます。仮にそうだとすると、こうしてネット上で大騒ぎになったことは、もしかしたら犯人にとっては大満足の結果なのかもしれません。決して今回の情報発信が何の価値も生まなかったと考えているわけではありませんが、ネット上で事件を報じることについて慎重に考えてみなければ、こういった新たな問題を生み出したり、プライバシー侵害など既存のマスメディアが抱える問題を増幅するだけになってしまうのではないでしょうか。

< 追記 >

この問題に関してもう1つ感じたことがありますので、続きを書きました:

フォト・リテラシーの必要性

Comment(8)

コメント

アロハ

機械的には、デジタル野次馬が行った事と、
プロのTV局や新聞社がやった事の差分から、
「デジタル野次馬」とプロの差がわかるはずです。

その差分が、個人も含めた「事件のブロードキャスティング」の、
規範の基本と逆算出来ると思います。

しかしながら、センセーショナリズムを見世物にする背徳感とかは、そこには含まれないと予測されます。
「背徳」がプロには許され、一般人には許されないとすれば、
それはなにゆえかという点にも議論の余地があると思います。

mohno

プロだからやっていい、アマチュアだからやっちゃいけない、ということではないですが、「報道」するからには、報道する責任を負うべきであって、そういう覚悟をもって臨んでいたのかどうか、というところは気になりますね。

プロだって、野次馬根性丸出しで報道するだけであれば、しかるべき非難を受けるわけですから。

アキヒト

> アロハさん

コメントありがとうございます。
難しいのは、プロであるマスコミの中にも「デジタル野次馬」的な行動を取ったところや、デジタル野次馬の後追いをしたところがある点ですよね。結局のところ、古くから言われているマスコミの倫理観という問題が、知らないうちに一般人にも拡大していたという構図なのかなと思います。

> 「背徳」がプロには許され、一般人には許されないとすれば、
> それはなにゆえかという点にも議論の余地があると思います。

プロだろうが素人だろうが、論理的に許されない部分はあると考えます。恐らく「プロだから/素人だから」という切り分けは無意味になり、広く「事件を伝えるとはどういうことか」という議論が行われていくのではないでしょうか(というより、行われていって欲しいと願います)。

> mohno さん

仰る通り、プロだろうがアマチュアだろうが、報道する責任を負わなければならないんですよね。今回様々な情報発信を行った方々を責めるつもりは毛頭ありませんが、自分たちの行為が「報道」に当たることを自覚した上で行動していたか?と考えなければならないと思います。また事件現場にいなかった人たちも、自分が同じ場面に遭遇したらどんな行動を取るべきだったか?を考える必要があるのでしょうね。

リターンエース

最初 暴力団員だといっていたのが気になってます。
この責任転化が在日韓国人ぽくって
万が一でも彼が在日なんてことになったら。。。

ますます韓国の評判が悪くなってしまいます。。。
凶悪な彼が日本人でありますように。。。

りんどう

報道の責任ということに関しては、偏向報道著しい日本のジャーナリストにそれを背負う意思があるとは思えない。
プロとアマチュアという言葉を使っているが、単にお金を稼げるかどうかという差しかないというのが現状だろう。
大変、腹立たしいことではあるが。

フォトリテラシーならぬ、メディアリテラシーの観点から一般人による撮影とその公開はあってよいであろう。
「プロの報道屋」による偏向報道への抑止力には多少役に立つであろう。
フォトリテラシーに関しては、見る側がその情報が適切であるかどうかを判断するしかない。
見る側の責任を問うしかなく、行う側を規制するのはあってはならないことである。

>リターンエース

あなたの人種に関係なく、その発言は日本人に対する人種差別ですよ。
公民権運動の時、キング牧師がどういう主張を
していたか、あなたは学ぶべきですね。

アキヒト

> リターンエースさん

彼がどこの国の出身であろうと、その出身国を貶めて良いという理由にはなりません。また以前のコメントでも書いたことがありますが、僕は差別的な発言に強く反対します。この場でも、そして外の世界においても、今後同様の発言をなされないよう望みます。

> りんどうさん

確かに、日本のメディアの中には「報道の倫理観」などというものを欠片も持ち合わせていないような人々が見られます。それを抑制する意味で、いわゆる「市民ジャーナリズム」といったものの成長を期待しているのですが、それより早く既存メディアの悪癖がコピーされてしまいそうで怖いです。仰る通り、受け手の側である私たちが成長するしか方法はないのでしょうね。

りんどう

>アキヒトさん

タチの悪い「デジタル野次馬」が多々現れることは間違いないでしょうね・・・。マスコミの質が低ければ、それはその国の民度が低いということでもあるでしょうし。マスコミに関わる人間だけが特別下品な人間であるわけでもないでしょうから。

私はメディアリテラシーの観点から、この事件に興味を持っているのですが・・・。残念ながら某ブログで、献花台に群がるマスコミの写真をみてしまいました。やはり自由は主張しても、義務や責任を負うつもりはなさそうな方が相当数いそうです・・・。

アキヒト

りんどうさん、遅くなりましたがコメントありがとうございます。

> 残念ながら某ブログで、献花台に群がるマスコミの写真をみてしまいました。

様々な異論・反論があるかとは思いますが、個人的には献花台の写真を写す必要はないと思います。もちろん「献花台に訪れようという人のために、場所を分かりやすくする」などの理由で写真を撮ることはあると思いますが、多くの場合は「こんなに悲しんでる人がいる」と煽るのが理由でしょう。逆説的ですが、今回一般人の写真撮影が問題視されたことで、再び「マスコミは何のために報道するか」という議論が起きてくれると良いのですが。

コメントを投稿する