決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

ブログを長生きさせるために

»

みずほ情報総研の吉川さんが、ブログの継続率について記事を書かれていました:

ブログが死ぬとき (ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦)

興味深い調査結果が出ていますので、ぜひご確認を。大雑把に言うと、「放置されるほどブログの致死率は高くなる」という結果が出ています。肌感覚としても「やっぱりそうだろうな」と感じる結果なのですが、この相関関係はどちらが原因なのでしょうか。つまり「やる気を失ったから更新されなくなる」のでしょうか、それとも「更新されなくなるとやる気を失う」のでしょうか?

そもそも更新が滞るようになるきっかけは、やる気の喪失だと思います。飽きた・疲れた・時間が無い・反応が無いなど、様々な原因でやる気を失い、次第にブログを書かなくなっていくのでしょう。しかし更新しないことによって、さらにやる気がそがれるということもあるのではないでしょうか。つまり「やる気喪失→更新ストップ→さらにやる気喪失→更新ストップ・・・」という悪循環が発生するわけです。

ブログに限らず、どんなことでもそうかもしれませんが、習慣になっているから続けられるということがあると思います。自分の例で恐縮ですが、「1年間毎日ブログを更新しよう」と心に決めて続けていた時は、ブログを書くことはあまり苦ではありませんでした。しかし1年間が終わり、定期更新をやめてみると、「書くのがかったるいなぁ」と感じることが増えています。僕は心理学者ではありませんが、習慣から外れることによって、無意識のうちに脳内で確保していた「ブログ用時間」が無くなってしまったのかな・・・と感じています。

「やる気を失う」ということは、どうしても防ぎきれません。アフィリエイト目的のブログのような、書くことによって自分に利益がある場合でも、やる気を保つのは難しいことです(話はそれますが、僕は個人的に金銭的インセンティブではモチベーションの継続はできないと考えています。その話はまたいずれ)。従ってブログを続けたいと思ったら、無理にやる気を奮い立たせようとするのではなく、「何でもいいから更新する」という延命措置を取る方が良いのではないでしょうか。少なくとも、更新ストップによる「やる気喪失スパイラル」に落ち込むことは無くなると思います。

もちろん「そうまでして書く意味があるの?」とか「延命期間中のエントリはつまらないものが多くなるのでは?」という反論が考えられると思いますが、あくまでも「延命」に限定した話ということでご容赦を。逆に「長く続ける」というところに価値を置かないのであれば、最初から期間限定のブログにしてしまったり、きっぱりと「終了宣言」して次のブログに移るのも手かもしれませんね。

Comment(7)

コメント

確かに、面倒になることもありますし、ネタ切れになることもありますね。
延命という考え方、良いかもしれません。まずは何とかする、という気持ちは必要ですよね。誤字脱字も気にせず、どんどんいきたいですね。(僕の場合は、少しは気にする方がいいか・・・(汗))

アキヒト

あくまでも「長く続けたい」と考えている場合のアドバイスでしたが、「また別の日に書けばいいかぁ」と思っていると、さらに状況が悪化してしまうんですよね(翌日はさらにモチベーションが下がっている)。突っ込まれたら突っ込まれた時、ということで、まずは何でもいいから書くということが大切ではと思います。

私はまさしくそうしていますね。無理矢理にでも毎日書くようにしています(^^;。

3日も空くと一気にやる気がなくなってしまうんですよねえ。それが怖くてひたすら習慣化しています。

実名で書いてるオルタナティブブログは、ついつい更新が滞るのですが、私だとなかなか分からないニックネームで書いているブログは、毎日更新して続いていたりします。気軽に書けるか、そうでないか、というのも関係するかもしれませんね。

このエントリを読んでぎくりとして、久々にオルタナブログも更新してみました^^;

アキヒト

> kasa☆hara さん
コメントありがとうございます。ブログに書かれていた「一度、書かない期間をおいてしまうともう2度と書かないままになってしまいそう」という言葉に共感します。不思議なもので、一度間を空けてしまうと、新しく始めるよりも「書こう」という気持ちになるのが難しいですよね。心理学的に説明できるのでしょうか・・・。


> 折田さん
コメントありがとうございます。仰る通り、ニックネームで書いているブログだとまた違いますよね。僕も Polar Bear の方は、「これ公開するとバカにされるかな・・・まぁいいや、匿名だし」と後先考えずに投稿ボタンを押してしまうことが多いです(もはや匿名ではないのですが)。オルタナの方の更新も期待してますよ~(と、プレッシャーをかけてみたりw)。

突然ですいません。たまたま行き当たったのでコメント入れさせてもらいます。確かにおっしゃるとおりだと思います。

今、比較的高い頻度で自分のブログを更新しています。更新することに目的を置いているわけではないのですが、ビジネスカテゴリーのブログとして、日々の活動の中で、ネタ探しがONになっています。ある一定期間、OFFにすると、ブログと自分自身のリレーションシップが薄くなり思いおこすこともない。例えば、ビジネスで何か発生した場合でも、ブログのことが想起されないということになると思います。
私自身、心理学者ではないのですが、人間の脳で常に気にかけていることの数に限界があると。そのキャパシティを越えてしまい、ブログのことがOFFになると、更新されなくなる。聖徳太子は違うんでしょうけども(笑

アキヒト

> Joe さん

コメントありがとうございます。
ブログを書くことによってネタ探しがONになる、という面はありますよね。「ブログを書くためにネタを探すなんて・・・」という方もいらっしゃいますが(それはそれで正論なのですが)、僕は探そうという姿勢になることで情報を見落とさなくなるという効果があると思います。OFFにしてしまうと、極端な話「馬耳東風」のようになってしまいますよね。
「人間の脳で常に気にかけていることの数に限界がある」という部分も正解かもしれません。ブログより気にかけることが多くなれば、自然と更新は遠ざかってしまう、と・・・。

コメントを投稿する