オルタナティブ・ブログ > 祐川京子のブログ >

ユカワキョウコの徒然日記

「セールスお断り」よりも「一流セールス大歓迎」ってどうでしょう?

»

先日たまたま通りかかった

小売店の店頭入口に

「セールスお断り」

・・・と張り紙が

なんだか切ないフレーズ。

私だったら
仮にその店の商品を購入したくても他の店舗へ行きます。

日本中で
「セールス」を生業にしている人は少なくても数百万人いるはず。

私と同感の人ばかりではないにしても
相当数の潜在顧客を逃しているような気がします。

しばらく悶々として、ふと思いついたのが

「一流セールス大歓迎」

・・・私の仮想の話ですが(^^;)

“我こそは一流セールス!”と自負する人は
初回訪問の際に3分位で自己PRができる。

そして、合格(?)したら商品提案ができる。
(購入を確約するものではありませんが・・・)

というのはどうでしょう?

もしかしたら
自社にとって付加価値のあるセールスに出会えるかも。

採用活動中の企業であれば
その中からイケテル営業をスカウトしちゃうとか。

不特定多数が目にする張り紙・・・

謝絶メッセージでも
ポジティブなフレーズで表現すれば
顧客や潜在顧客にも好印象ですよね。

Comment(2)

コメント

おおた

『一流セールス』ができるような人が「飛び込み営業」のような世界に身を置いているはずがない…というのは半分冗談ですが、「3分間の自己PRところか1秒たりとも相手をするような無駄な時間はない」から『セールスお断り』と出しているのでは。
 個人的には、アポイントメントも取らずに押しかけてくるような失礼な企業の製品は買いたくないですね。こちとら、腰が悪くて玄関や電話口まで行くの一苦労なのに。「相当数」かどうかは知りませんが、「潜在顧客」は逃していると思いますよ。

おおた様
コメントありがとうございます。
表現力不足ですみません
「モノを売る小売店」が「モノを売るセールス」を一切謝絶してしまうことに違和感がありまして…
そして、小売店の店頭は「飛び込み営業」よりも不特定多数の第三者が目にするところなので、張り紙をするなら優しい表現にして欲しいと思ったんです。
私は以前「飛び込み営業」で何度も玉砕した苦い経験があるので、敏感に反応したのかも。。。

コメントを投稿する