オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ヤマハコラム)河野哲治氏)「vRXの外部ストレージマウント機能を試してみよう」

»

私が編集支援している河野哲治氏によるヤマハ・仮想ルーターコラム「vRXの外部ストレージマウント機能を試してみよう」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

--
前回のコラム「RXのパスフレーズ付き公開鍵認証を試してみよう」の最後で「現行機種でも是非実装して欲しい」と言っていたら、2020年1月20日に公開された最新ファームウェアでRTX1210とRTX830が公開鍵認証に対応しましたね。やった!

1月23日に行われた「ヤマハ Meetup 東京 2020」でヤマハ開発者の方に経緯をうかがってみたところ、vRXのファームウェアはRTX1210やRTX830と非常に似ているため、比較的短期間で機能を実装することができたのだとか。今後はクラウドのメリットを生かしてvRXで先行的に新機能が機能がリリースされ、その後RTX1210やRTX830に降りてくるという流れがあるかもしれません。

さて、今回はまだvRXだけの新機能「外部ストレージマウント機能」について紹介いたします。
vRXはNFSやSMBで外部ストレージを最大10個までマウントすることができるので、Syslogサーバーの代わりにAmazon Elastic File System(以下、EFS)を使って外部NFSストレージにvRXのSyslogを保存してみます。

本記事の内容は、AWSアカウントをお持ちであれば vRX 無償トライアルライセンスがなくても試すことが可能です。動作確認は vRX Rev.19.00.01 (Fri Sep 13 12:13:56 2019)、MacOS 10.15.2 Catalina および Windows 10 Pro バージョン1909 で行っています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://router-switch-jirei.jp/archives/2118

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する