オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

健康経営を考える)健康である人は定年を引き上げてもいいのでは?(オムロン ヘルスケア連載コラム)

»

私のコラム第9回がオムロン ヘルスケアで公開されました。

『健康基準をクリアした社員の定年を引き上げれば、健康経営はより加速化するはず』

興味がある方はご覧ください。

###
日本が絶好調でバブル真っただ中の時は、アーリーリタイアして、悠々自適に老後を過ごしたいと思っていた人が多かった。
今の時代、アーリーリタイアができる人は、宝くじで大金を当てた人か、成功した会社をバイアウトした人と仮想通貨で当てた人くらいだ。

これからの時代、できるだけ長く働かないと、安定した老後の生活を送ることは難しい。
いくら貯金があっても医療が発達して長生きするので、貯金も相当ないと食いつぶすはずだ。

年金と言えば、受給金額が増えると思っている人は誰もいないだろう。
確実に支給開始年齢は引き上げられ、受給金額も減少する。

つまり、「老後のために働きたいわけではないけど、働かないといけない」人が大量に存在する世の中が到来するのだ。

この老後に備えて、50歳を超えた人が、将来の独立を考えているが、先輩方の状況を見ると、起業して生き残るのは一握りだ。
そもそも企業生存率は10年で5%なので、そんなに甘くない。

(この続きは以下をご覧ください)
https://datahealthcare.omron.co.jp/series/yoshimasa201911

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する