オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

1週間でCCNAの基礎を学ぶ > 第6回 1週間でCCNAの基礎を学ぶ 第6日目

»

私がCTC教育サービスで編集支援している人気コラムニスト土井ゆうかのコラム「1週間でCCNAの基礎を学ぶ」の第6回目が公開されました。

興味がある方はお読みください!!

第6回 1週間でCCNAの基礎を学ぶ 第6日目

###
こんにちは。土井ゆうか(ドイ ユウカ)と申します。
このコラムでは、2010年3月に初版が発行され、現在は、2015年5月に第1版第10刷が発行されている、株式会社ソキウス・ジャパン編著の「1週間でCCNAの基礎が学べる本」を用いて、初心者の私が学んだことをまとめて参ります。
コラムの中のページ表記は、この書籍のページを示します。

今回は、「ネットワークの設計」と「コンピュータのネットワーク設定」について学んでいきましょう。

1.ネットワークの設計
2.コンピュータのネットワーク設定

1.ネットワークの設計
1-1 ネットワーク設計手順(P.204)
ネットワーク設計とは、ネットワークのライフサイクル(開始から終了までの一連のプロセス)のひとつです。

通常、みなさんの会社や自宅のネットワークは、次の4つのフェーズの繰り返しにより維持されています。

まず営業担当者が顧客から設計の目標やニーズを収集し(計画)、それをもとに設計担当者がトポロジを設計して文章化します(設計)。
設計文書に基づいて、工事担当者が機器を設定、配線、設定し(構築)、運用サポート担当者が構築されたネットワークが顧客の期待どおりであることを日々監視し続けます(運用)。
運用により追加で必要な増強部分が見つかったら、再度計画フェーズに進みます。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/cisco/columns/doi/doi06.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する