オルタナティブ・ブログ > インストラクター最前線 >

新しいもの好きのIT系講師が日々進化するテクノロジーに悪戦苦闘!!

いよいよLotusphere開幕

»

Notesファンにとっては,年に一度の祭典である「Lotusphere」が開幕されましたね.これがある意味新しい一年の幕開けと言ってもいいかも・・・
今年も日本から状況を見守ることになりましたが,徐々に最新情報がアップされ始めています.

現地時間の22日にOpening General Sessionが開催され,新しい製品の発表があったようです.

Lotus Notes and Domino 8
 まさしく,Notes/Dominoの次期バージョンですが,これまで開発コード名”Hannover”と言われていたものが,正式に8として発表されたようです.
 最終ベータ段階に入り,今年の半ばくらいにはリリースの予定だとか...
 メールメッセージの取り消しや,Open Document Format (ODF)をサポートするなどの新機能が盛り込まれているとのこと.
 現時点では,まだパブリックベータの公開はされていないが,近々公開されるのではと,非常に楽しみにしております.

Lotus Connections
 Web2.0を用いた"Social Software for Business"のプラットフォーム製品のようです.
 詳細はLotusphere期間中になんらかのセッションでわかることを期待しましょう.

Lotus Quickr
 この製品は社内・社外(ファイアウォール内外)を問わず,チームコラボレーションを実現するものですね.
 コンテンツ共有機能(どうやらDrag&Dropでファイルの格納が行え,また直接他のアプリケーションからも保存できるようです)やTeamPlace機能(プロジェクト活動用のオンラインプレースを作成)が用意されており,どうやら従来のLotus Domino Document ManagerとLotus Quick Placeの後継ではないかと思われます.
 Notesユーザは大きな添付ファイル付きのメールを受け取った場合は,その添付ファイル自体をQuickrのライブラリに移動させるといったこともできるようです.

その他,Sametimeのメンテナンスリリースとして「Lotus Sametime 7.5.1」や,従業員1000名以下の環境で利用できる「IBM WebSphere Portal Express Version 6.0」が発表されたようです.

いよいよ,今年のLotus製品の顔ぶれが紹介されました.これらの製品がいかなるものかは,追々検証してご紹介していきたいと思います.
ベータ版が公開されるのが待ち遠しいですね~

Comment(4)

コメント

NDOMINO-S

>今年も日本から状況を見守ることになりましたが,

(冗談モード)
もし松尾さんが行ったら「Lotus夜Day」ならぬ「Lotus夜phere」開催ですか?

松尾圭浩

NDOMINO-Sさん>
「Lotus夜phere」.たしかに...開催しているかもしれませんね.
でもこれは,大阪弁で読めないので,別のネーミングを考えないと...

私も昨年は行けたのですが今年は断念しました。
 今年はSNSが出ましたね。昨年のBlogに続いてということになりますが、いずれにしてもこのあたりが実用に耐えるようになるまでには最低3世代必要だと睨んでいます。(ちなみにWPはあと1世代)
 それよりは、Dominoがどの程度までSOAに対応(使えるレベルとして)して来ているかが今年の私の注目項目です。

yoshikawaさん>
SNS関連については,今回初の製品なのでどのようなものになっているか大変楽しみなところです.製品がリリースされましたら検証してみたいと考えておりますので,ぜひその際はご意見をお聞かせください.
DominoのSOA対応については,おっしゃるとおり”使えるレベル”かという観点での機能拡張を私自身も期待しております.

コメントを投稿する