オルタナティブ・ブログ > Power to the People >

Yagishita's alternative blog

髪は長い友達なんだね #matsubuta

»

先日開催された「豚づくし育毛セミナーwith豚組」に、ブロガーとして参加してきました。「松井クリニック新橋」と「豚組」のコラボレーション。豚組はいついってもおいしいし、伺ったお話も驚くことばかりで感動しました。最後に大事件も起こしましたがね。

最近、フィードを見ていると、育毛関連の広告が多くなってきていますね。薄毛を気にしている男性は800万人もいるとの調査もあるそうで、大きい市場であることを再認識しました。

脱毛症にも女性型と男性型があり、男性型は (AGA: Andorogenetic Alopecia) というそうです。AGA には以下の特長があるそうで、そのまま放置しておくと、どんどん進行していくものだそうです。

  • 通常、毛穴には2〜3本の毛があるが、その下にある毛包が十分に成長しなかったり、死んだりしてライフサイクルが短くなり、結果として薄くなる。
  • 毛包が死んでいなければ、量を増やせる可能性が高くなる。
  • 遺伝的要素が高く、7割もある。

やはり、どんな病気とも一緒で、早期発見がよいとのこと。綿棒みたいなもので粘液を取得するというカンタンな操作で確認できるそうです。そして、治療も「フィナステリド」「ミノキシジル」という薬を経口投与していくもので、6ヶ月後にはみちがえる結果が見込めるそうです。

というわけで、強引なまでに松井院長にチェックしてもらったところ、「第3段階まできています。気にされているのであれば早めに治療を。」と診察してもらいました。それ以上に驚いたのが「髪の毛の洗い方」について、何も言わないのに、「頭皮がはがれかかっているので注意。」とのこと。

ご存知の方もいらっしゃいますが、ストレスがたまってくると、食べる & 頭をかきむしる柳下は、よく頭皮がむけます。毎日洗髪するときに、洗髪用ブラシですっきりするまで気合いを入れるのですが、それがいけないらしい。何事もいきすぎはいかんとうことですね。やさしく2回洗いが基本だそうです。

予防策として伺ったのは「紫外線対策としての帽子の利用」と「バランスのよい食事」だそうです。帽子はメッシュのものではなく、しっかりしたものがいいそうです。スポーツキャップしかないからどうしたもんだかね....

バランスのよい食事ですが、豚組とのコラボでできたいくつかのメニュー。ほんとにおいしかった。特にお気に入りは、谷中しょうがを豚バラ肉でまいて焼いたもの。油をつかっていないということで、ヘルシーだし飲み屋のメニューにもいけそうです。このメニューを考え出したのが、 松井クリニックのスタッフ @asacoaiba さん。キレイなおねーさんが考えるメニューが掲載された「松井クリニック新橋 スタッフの毛髪通信」ブログは要チェックですね。

松井院長とお話して気づいたのが、「患者さんの幸せ (満足) を常に意識している」ところ。保険がきかない自由診療ということなのですが、その分しっかりフォローしていただけるそうです。確かに髪の毛の量と明示的な結果がでることもそうですが、6ヶ月程度の時間がかかることも背景にあるでしょう。しかし、90% を超える満足度を実現することはなかなかできそうではないですし、信頼できそうです。

というわけで、無償で診断してもらったり、新しい発見があったり、おいしい料理を堪能したのですが、帰路の六本木の日比谷線ホームで、ホームと電車の間に両足をいれてしまい、お騒がせしてしましました。このときほど、太っていることに感謝したことはありませんw

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する