オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

日本酒とイタリア料理

»

久しぶりの投稿ですが、最近立ち寄ったお店のことを書きたいと思います。

ワインブームからワイン愛好家が増え、ワインを楽しむお店がたくさんあります。またほとんどどんな料理店に行ってもメニューにはとりあえずワインが載っていると思います。鮨屋でもワインを取りそろえるところもあるようですし、日本料理(和食)の専門店でもワインを置いているところがほとんどではと感じます。

私はワインは飲めませんので(体質的に合わないようですし、味もよくわかりません)、もっぱら日本酒党ですので、わかりませんが、ワインの特徴として和食や鮨にも合うものがあるのでしょう。

一方で、いわゆる洋食専門店(イタリア料理屋とかフランス料理屋)には日本酒が置いてあるケースはまれです。特に、気軽に入れるようなところ、現地の雰囲気を再現しているような志向のところには日本酒がメニューに載っているところは皆無です。聞いたところによると、正統的な高級店では日本酒の準備もあるようですが、それ以外のところではほとんどないと思います。

嗜好の問題なので一概に言いきれませんが、日本酒でも特徴によっては洋食に合うものもあると思います。そもそも日本酒の人気が低いからでしょうか、日本食にワインを合わせるように、洋食に日本酒という組み合わせが普及しないことが残念です。

そんな中で、とあるカジュアルなイタリア料理店では、カップ酒が数種類、ワインやカクテルに並んでメニューに載っていました。バールでのちょっとつまみながら飲む雰囲気でしょうか。それもそれでおしゃれな感じで、かつ日本酒党、イタリア料理好きの私にはベストマッチ。

日本酒好きとしては、もっとこんなお店が増えてくれることを願っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する