オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

理屈や理論よりも現場での経験

»

理屈や理論は重要です。物事を効率よく考えていき、物事を推進していくうえではおおきな力になります。その一方で、理屈や理論も、経験の裏打ちが無いと、”へ理屈”や”空論”になります。1回の経験が大きく物事の理解の深さを変えるということは普遍の事実だと思います。

しかしそこでの経験にも、単なる見てました、聞いています、その場にいましたという、経験と、実際に作業をしてみましたという経験では雲泥の差があります。理屈や理論を強化する経験は、実際に作業をしてみたという経験だと思います。

現実のビジネスでは経験をつむことは難しい部分もありますが、最小限でも経験している人間の伝えているエッセンスを理解することが、”へ理屈”や”空論”、さらには独りよがりの意見に陥らないための必要な作業だと思います。

Comment(1)

コメント

ところで

理屈や理論無しの現場での経験は
何も生み出しません。

コメントを投稿する