オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

リッチーコッツエンの新譜を入手

»

昨日久しぶりにCDを買いに行きました。

実は邦楽は殆ど聴かないので、オフィスにはパーソンズ(PERSONZ)とか東京プリンぐらいしかCDがありませんので、ZARDのベスト版を買いに行ってみたのですが、店内くまなく見て周り、ヒットや平積み(とは言わないのでしょうか、いわゆるジャケットが展示してある状態)のものを中心に洋楽も物色してみました。

そして、見つけたのがRichie Kotzenの最新版「リターン・オブ・ザ・マザーヘッズ・ファミリー・リユニオン」。Richie Kotzenはしばらくアルバムを出していなかったと思って衝動買いをしたら、ライナーノーツに実は数年前にもう一作出しているようです。こちらもすぐに入手しようと思います。

サウンドですが、ずっと前(多分10年ぐらい前かな?)のアルバムと基本的には同じ、ストレートなサウンドです。古臭いと思えばそれまでですが、最近の洋楽の中で、昔ながらの音の処理、そして単純だけどもリズムのはっきりしたまさにロック+ブルースといった感じの音楽は新鮮に感じます。改めて以前のアルバムも聞き返すと、非常に魅力的に感じます。ちょっとハード目ですが、いわゆるハードロックでもないので、バックグラウンドにかけて仕事をすると結構はかどります。

最近改めて昔のアルバムを聴くと、懐かしいというよりも新鮮な感覚を持ちますが、新譜でありながらも”昔の音楽らしい新鮮さ(?)”が感じられるお勧めの一枚です。”ロック”ファンは是非、ご一聴くださいませ。

Comment(2)

コメント

こんばんは。せのおです。
本文面と関係ない話ですみません。
ほとんどお聴きにならない邦楽の中のセレクトが「PERSONZ」ですか??
自分、「PERSONZ」の昔の曲(特に、「REMEMBER」と「陽炎達のゴスペル」)が聴きたくなり、近所の図書館でベストとファーストアルバム借りているところだったのでつい反応してしまいました。
すみません。

fukuhara

聞きたいっ!!


お店にお持ちくださる事(立ち寄られること)を心よりお持ち申し上げて降ります!(笑)

コメントを投稿する