オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

年齢や経歴で人を評価することは危険

»

お仕事でお話をする相手は様々です。例えば、見た目で判断することは良く無いと思いますが、外見的には若く見える人、お歳を召して見える人がいらっしゃいます。

時間をかけて、お互いの信頼関係や人間関係を築いていく上では、年齢も基礎情報として重要なものの一つだと思います。しかし、その一方で、相手の評価、仕事のやり方、ビジネスとしての接し方までもが年齢によって左右される人がいます。特に経験を積んだ人にこの傾向が顕著です。確かに年齢を重ねた人のほうが、経験が豊かになる機会が多く、また結果として経験豊かな可能性が高いですし、さらには様々な社会事情への対処、人脈などを含めてビジネス的能力が高い確率は高いと思います。しかし、これは可能性であり、また逆説的に”年齢が若い人はそうではない”と断定できるものではありません。

相手の年齢を知ることと、相手の評価、仕事の進め方などを直結させることは、ビジネスパーソンとしてあってはならないことだと思います(幸い?なことに、私個人はいい加減に若いと見られることもなくなりましたが…)。

また、同時に過去の経歴や経験のみで人物評価をすることも危険だと思います。過去の経験は言わば貯金です。貯金を使うだけであればいつかはお金が払底してしまいます。貯金を利殖して増やすことが出来る人であるか、また新たに(知識や経験により)収入を増やし貯金額を大きく出来る人であるか、その点の見極めが重要だと思います。颯爽たる経歴でありながら、活躍できない人も多く見かけますが、「xxxに所属していた」、「xxをした」という経験による貯金はすぐに使い果たされてしまいます。常に、貯金を増やすことができ、また上手に使える人であるかどうかが、人物評価の鍵であり、経歴や経験だけでは片手落ちの評価になると思います。

特に、中途採用では職務経歴書に目が奪われることがありますが、悪いことを書く人はいませんので、それよりも人物を見抜くことが必要だと思います。しかし、その一方でたかだか数時間の面接で人を見抜けるわけはないので、はずれを覚悟で経歴的に光るものが無い人の潜在能力にかけるか、経歴が華々しい人の実績にかけるか、これは経営者の直観力に依存してしまうと思います。

Comment(7)

コメント

少なくとも、相手が年下と知るや経験を評価せずに突然態度を変えるベテランには襟を正してほしい話ですね・・・

にゃーす

こんばんは。にゃーすです。
外見や年齢で判断する人いますね。
女じゃ話にならん!
とか。
あ、でもそれは外見じゃなくて性別で判断してるのかな?

Eric

”貯金を利殖して増やすことが出来るか”。これは今の僕の課題だな~、、、。

ボウズマン

プロのヘッドハンターは、2-3年かけてターゲットを分析するようです。学歴や実績は、氷山で言うと水面に出ている部分(つまり全体の2割)に過ぎない。
実際には、水面下の8割の部分を見ないとその人の人間性や成長志向性は見えてこない、ということでしょうか。

kou

本当に、そう思います。
私は30代後半ですが若く見られる上、女なので、
たまにひどいことを言われます。
システム管理者なんですが、打ち合わせで初めて会った
取引先のSEの方に、まだ何も話を始めてない状況で
「オペレータの方に来ていただきましても・・・・(苦笑)」
・・・勘弁してください。

先日会話する機会があったお取引先。ある案件を私が引き継いだので、その挨拶ということで30代前半の営業の方と40代半ばの営業部長さんが来社されました。

かなり短いスポーツ刈りかつジェルでピンピンに立たせているという髪型のせいなのか最近思いのほか若く見られることが多いのですが、その時にもお二人から見て営業の方に近いと思っていたようです。が、会話の途中で実は営業部長さんと年齢が殆ど同じだとわかったとき、営業の方が私と営業部長さんを本当に驚いた目できょろきょろ見比べていました。
で、やはりその後は何となく話し方が変わった感じでした。


なんだか複雑です。

祐実

こんにちは鶴田さん。
私の場合
逆に、年齢枠を超えて
ビジネスパーソンであっても第一印象における直感を大事にしております。

何とも言い難いのですが、いわゆる「閃き」的な要素です。
繋がる相手は大概同列のシナプスを持っておられるようなので、その意識を保ちつつコンタクトするように心がけています。
人は大概過去からの経験則を自分都合のいいように翻訳します。つまり相手にもそれを投影しているのですね。
そうではなく、自身のイメージする未来を意識して相手とコンタクトを図るとまったく違った位相から相手の存在が見えてくる事があります。
その為にはまず、自分自身がそういう意識を持って
他者と接触するという事が一番重要だと思われます。

コメントを投稿する