オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

Jリーグの情報開示

»

Jリーグが、昨日所属するクラブに対して、今後情報開示を推進する旨を通達したそうです。今までもJリーグ所属クラブは経営情報の開示を行ってきましたが、今回はさらに今まで任意項目であった人件費も開示対象にしていく方針だそうです。

プロスポーツクラブの経営では、支出に占める人件費割合は非常に高くなり、経営上重要な意味を持ちます。欧州のクラブ等の情報では、総収入のほとんどを人件費に費やし、結果経営上赤字になっているクラブなどもあるようです。

Jリーグの目標は、欧州のクラブやリーグの経営方法を見本にしていると聞いています。すべてをまねすればよいというものではありませんが、重要な経営事項を開示するという姿勢は、クラブ経営の透明性という意味では、一歩進歩したと言えると思います(逆に、私が不勉強で、何故開示対象でなく任意項目になっていたのかがわかっていませんが)。しかしまだまだ十分とはいえませんので、今後もさらに明細な情報開示を行い、さらに透明な経営を目指して欲しいと思います。

その一方で重要なのは、試合やプレーの質ですね・・・

こちらが充実して話題を提供できない限り、経営は透明でも単なる赤字、スポンサー頼みの体質は変わりませんので。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する