オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

ちらしの効果

»

新聞に折り込まれるちらしや、郵便受けに投げ込まれるちらしの量は膨大ですが、どの程度目を通されていますか?私は基本的に捨ててしまうのですが、ちらしの効果は実はかなり高いようです。いわゆる広告と比較するとコストパフォーマンスはかなり良いというお話を聞いたことがあります(正確な数字は教えていただけませんでしたが)。

コスト的に広告よりも廉価で抑えることができることもあるのでしょうが、それよりも捨てる際においても一度目を通す(確認する)確率が高いことが、フックアップ率が高くなる理由ではないかと想像しています。

私も捨てる前に、一度何の折込または投げ込みちらしか確認していますし、興味が無いものはそのまま捨てますが、興味のある内容であるときにはちらりと中味を確認しています(電話したり買ったりしたことはありませんが)。こんなちょっとした行為から、ちらしのすみずみまで読む層もいらっしゃると思いますので、紙面や番組の狭間での広告と比較すると、お客さまを引っ張ってくる効果が高いのかなと思います。

但し、ちらしの紙面自体を使ったキャンペーンやプログラムは、あまり進化していないと聞いています。現状ではやはり、チラシをきっかけとした来店促進や、架電促進が中心で、一番効果が高いようです。しかしそれ以外にも、いろいろとマーケティングプログラムを考えてみる余地があるのではと思います。

でもくれぐれも、無駄なお買い物をしないように気をつけましょう。

Comment(1)

コメント

コメントを投稿する