オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

イランに行ってみようと思います

»

川崎フロンターレのACL決勝トーナメントは、9月のイランでの試合から始まります。イランはよほどのことが無いと行くこともないと思い、いろいろ情報収集をしています。どうやら、エスファファーンという街のようですが、これまた情報が断片的で、情報収集に時間がかかっています。

問題としては、全く土地勘のない現地でどのように移動をすればよいのかガイドブックやインターネットの情報では把握できません。飛行機で移動できる範囲に関しては、大体の部分が万国共通で、日本ほど至れりつくせりではありませんが、大まかな想像はできます。しかし、一端空港を出てホテルに向かう、そして現地で動く場合の情報はきちんと書いてあるようで書いてないものです。危ないタクシーがある、こんなタクシーに乗りなさいという情報だけで現地に向かうことになりそうです。

最大の問題は、お酒です。外国人でもお酒は飲めないようなので、滞在期間中は禁酒を余儀なくされそうです。まあ、これをいい機会に、お酒を飲まずにその後健康診断を受けるという手もありそうです。

さらに、情報としては服装に関して、女性だけでなく男性もある程度きちんとした服装をしていくことが必要なようです。やはり、古くから続く長い文化の国いろいろなことがありそうで、半分とまどいながらも、半分楽しみにしています。

旅行に行く楽しみの半分は、いろいろな情報の中で、いろんなことを想像しているときにあるような気がします。9月までしばらく楽しめそうです。

Comment(2)

コメント

じゅじゅ

先月イランに行ってきました。

イスファハンは清潔で、安全で、そしてとても美しい街でした。
ペルシアの人々には外来の旅人を厚くもてなす慣習があり、日本人の私にたくさんの人が声をかけてくれました。
お土産さんの勧誘もしつこくなく、とても好感が持てました。
あくまで私が観光した範囲での話ではありますが、旅人にとってはとても居心地の良い国だと思います。
1990年代に日本に働きに来ていた人がたくさんいて、日本語ぺらぺらな方がよく声をかけてくれました。
(話せなくても親切に声をかけてくれる人がたくさん!!外国人に対しとってもフレンドリーです)

イスファハンの空港は小さいので、そこからタクシーに乗るのは簡単だと思いますが、街中でタクシーを「拾う」のはちょっと大変そうです。
基本的に乗り合いなので、何人か同じ方向の人が集まるまで待っていて、目的地近くで降りて歩くことになります。
目的地まで直行したいなら、ホテルなどで呼んでもらったほうが良いと思います。

大変だったのは大気汚染・・・排ガスが酷くて、目も喉もひりひり・・・。
現地の人も喉が痛いのだとか。
マスクとのど飴、水分を持ち運ぶことをお勧めします。

服装は、女性のスカーフ、お尻の隠れる丈の長い上着は必須。
ガイドブックには「男性も長袖を」と書かれていますが、だらしなくさえなければ半袖でも大丈夫そうです。

イランはなんとなく「危ない国」「イスラムの国」「遠い国」という印象をもたれがちですが、行ってみたら驚くほど「普通」でしたので、どうぞ安心して行ってらしてください(笑)。

そうそう、空港の荷物受取ターンテーブルのテレビでは必ずサッカーやってました。
ホテルでもどこでもサッカー(またはレスリング)中継が。
社会のシステムは色々違うけど、人間ってどこでも基本的には変わらないんだなあと思って帰ってきたことでした。

祐実

おはようございます。
外部の方にも記述されておりましたようですので、再度書き込みさせていただきます。
ただいまイランはイスラム圏内部紛争の癌である原理主義者による複数のアジトが点在しております。

ガイドラインは外務省のhpを開けばご理解いただけると思われますが、イスラム圏に他民族が集団(サポーター)として向かう場合がもっともテロが起爆し易い状況下になる可能性が高いのです。
異国情緒に浸り、忘我するのはご自身の自由だと思われますが、この時期、隣国での内戦が激化している時点に鶴田さんが向かわれるというのはいかがなものでしょう。
一企業家としてのリスクをよく鑑みて行動する必要があると思うのは果たして私の杞憂でしょうか。

実際、現地は行かないと判らない事が多すぎますし、危機管理の必要性は日本でガイドを開いた所で所詮紙の上の話に過ぎません。

末席ながら戦争報道経験者としての理(ことわり)、杞憂承知の上一筆執らせていただきました。長文の非礼をお詫び申し上げます。

コメントを投稿する