オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

個人のブランディング オンライン媒体と紙媒体とBLOG

»

私周りでもたくさんの人が本を出版していますし、オンライン媒体や雑誌に連載を持っていますし、さらにBLOGも開設していたりします。本や雑誌、オンライン記事、そしてBLOG、それぞれに特徴がありますが、それらを有機的に結びつけて活用している人は少ないと思います。

実際にコンテンツを作る個人や会社から見れば、マルチチャネルで連動した自己ブランディングまたは企業ブランディング、メディア会社から見れば優良コンテンツの囲い込みですが、不思議と両者ともさほど強いシナリオを展開していないようです。

まず個人から見た場合には、本や雑誌への連載と、BLOGの連動は、簡単にでき、ある意味で読者サービスともなり、最終的には固定読者の獲得に繋がると思います。これは一例ですが、出版やマスコミだけでなく、WEB2.0、ロングテールなどの等々いろいろなブーム的な手法以外にも、もっと身近にマーケティングの仕組みを変えていくためのトリガーもあるのではと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する