オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

五感で感じる価値

»

高級料理などに代表されるスペシャリティー消費が伸びています。単価も高いのですが、それにも負けず予約等でいっぱいのところが多いようです。場で提供される非日常の演出による満足感が、その差別化要因と言われていますが、同じことが「ブランドらしさの作り方で触れられています。

価値は機能や手順だけでなく、五感に響く工夫がされていることで増大するということがサマリーです。個人的に一番気に入った例は、今まで当たり前のように馴染んでいるものがある場合、異なる感じを持つものに接触した時、初めて五感に感じる違いを再認識し、馴染んでいるものの価値が体感として感じ取られるというお話です。

失ってみて初めて解る今まで当たり前のことの価値、そこまでロックインされた状態はある意味理想のロイヤリティを確立できてるといえるでしょう。

私の会社も、そんな風に感じられる会社にしたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する