オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

「Japan Film Festival Los Angeles 2014」が始まりました

»

いよいよ「Japan Film Festival Los Angeles 2014」が始まりました。
9日は、記者会見と前夜祭パーティーがありました。

記者会見では、日本からのメインゲスト、俳優の仲代達矢さん、
今回上映される仲代さんのドキュメンタリー映画
『仲代達矢 「役者」を生きる』の監督の稲塚秀孝さん、
映画祭を主催するNPO日米メディア協会代表の朝倉さんの3人が
地元の日系を中心としたメディアの前で会見をしました。

140510fest1

仲代さんが、記者から黒澤明監督について聞かれて、
黒澤監督の映画で「七人の侍」で初めてエキストラとして出て、
そのときは、わずか2、3秒のシーンを撮影するのに、
黒澤監督に、歩き方がよくないなどなんども怒られて、
撮影に丸1日かかったと答えていました。

その後、7年後に「用心棒」で起用されたときは、
1度も怒られなかったけど、とても厳しい方だったという話でした。

今回の映画祭では、仲代さんの出演作品は、
その「用心棒」と「天国と地獄」、ドキュメンタリーの3本が上映されます。

その後の前夜祭パーティーには、
今回上映される映画の監督、プロデューサー、俳優の方々も
数多く日本からロサンゼルスにいらっしゃって
それぞれコメントをしていました。

140510fest2

私も、この映画祭と、日米メディア協会の創設メンバーとして
簡単に挨拶させてもらいましたが、
今回は10回目ということで、
私が2008年に日本に帰国した後も、
代表の朝倉さんをはじめとした
スタッフの方々の尽力でここまで続いたことは、
本当に素晴らしいことだと感謝しています。

ぜひアメリカの西海岸に住む方々に、
日本映画を楽しんでもらえたらと思っています。
映画祭への来場をお待ちしています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する