オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

アップルが反トラスト法抵触の疑いで調査開始へ

»

ついに絶好調ジョブスにも,反トラスト法の魔の手が近づいてきた。

今,米国メディアやブログではこの件で話題沸騰。"apple antitrust" をGoogleニュース検索すると,10時間以内の報道だけでなんと3000件近くになっている。

サマリーすると次のような内容だ。

アップルの発表したiPhone開発者規約変更が対象となっており,米司法省と連邦取引委員会のどちらかが担当して調査が開始されるようだ。

開発者の間でも相当の反発があった「Flash等の中間プラットフォームを禁止し,特定開発言語 (Objective-C,C,C++,JavaScript) のみで開発するように規定した部分」がその対象となっている。当局ではこの規定がアップルと競合機種の選択を迫る踏み絵になっており,競争を阻害している疑いを持っているとのこと。

反トラスト法といえば,長い間コンピュータ業界に君臨していたマイクロソフトがその常連だが,最近ではグーグルが発表した携帯広告配信AdMobの買収への関与が記憶に新しい。また大型案件では2008年にグーグルとヤフーの広告提携も断念させている。

ロイター発:FTC法務部門がGoogleのAdMob買収差し止めを勧告 (TechCrunch, 2010/4/8)
グーグルと米ヤフーの提携断念は独禁法提訴3時間前だった--米報道 (CNET, 2008/12/4)

ついに,マイクロソフト,グーグルといった独占的パワープレイヤーにアップルも仲間入りしたということだろう。

Jobs

 
今後,ジョブスは,新たな,それも最強かも知れない強敵と戦い続けることになるのだろうか。


【参考記事】
国内外スマートフォンの最新動向を総まとめ - iPhone vs Android の先に見えるもの (4/26) 
HTML5のインパクト ~ それを巡るAppleとGoogleの呉越同舟 (2/8) 
Google vs Apple vs Microsoft ~ ひと目でわかるモバイルOS戦争の構図 (1/3) 

斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

 

Comment(4)

コメント

TETSU

アップルが反トラスト法ですか・・・昔からこの業界にいる人にとっては時代が変わったことを実感しますね(^^;

法律には詳しくないのですが、既にレッドオーシャンって言われるぐらい競争の激しいアプリ分野で、果たして競争の阻害になっているのかどうか?
Androidのアプリを開発するのは自由だし、別に開発ツールがあるんだし・・・この開発ツールが有料で競合しているってなら話は別ですが
アップルがクロスプラットフォーム開発ツールを売っているというなら、確かに問題だと思うが
開発ツールを締め出すって事例はあまり聞いたことないし・・・

でも、競争に破れていなくなったことはありますね。
昔Windows用の開発ツールは沢山あったが、今は淘汰されて・・マイクロソフトに戦いを挑むのは自殺行為みたいなものですから(笑)

TETSU様
コメントありがとうございます。斉藤です。
そうですね。私もこの業界に早25年!で,古くは独占する側(ホスト時代のIBM)にいましたので,時代の変遷を感じますね。一時はマイクロソフトの通った後にはペンペン草も生えないといわれた最強時代が確かにありましたよね。ジョブスもそれに一度は敗れたわけで。
今後はアップル,グーグル,フェイスブックが独禁法の対象になるでしょう。時代は常に変わっていますね。

今回の調査の伏線になると思われるトピックです。
この辺りを読むと、プロダクトは斬新でも、経営スタイルは旧来型と思えてしまいます。
Jobs の Adobe 批判って、自爆してません?
http://bit.ly/dvAS3b
歓迎すべきことに、Apple は制空権を失いつつある
http://bit.ly/bKAkAV
テクノロジジー的には、音楽にジネス・モデルを電子書籍に適用するのは難しくなくても、
運用は そうはいかないのだと、感じるようになりました。

ブログ拝見させていただきました!AdobeとApple置き換えのところ最高に笑えました!
ジョブスの経営スタイルは明らかに旧式ですね。ただ最高のリーダーシップは(短期的視点では)民主的ないしオープンな手法を凌駕するパワーを発揮するものだと思います。しかしながら長期的に考えると今の自社利益最優先主義を変えないと包囲網を引かれて過去の二の舞になる可能性が高いでしょうね。でも彼がいなかったら,iPhoneやiPadのような奇跡的ともいえる完成度の高い製品が世に出るのは相当遅れたと思います。

コメントを投稿する