オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

2020年前期最終ゼミ終了

»
本日午後、2020年度前期最後のゼミ。4限は修士による宮本大人論文「昭和50年代の批評、その仕事と場所」の購読を、大変見事に整理してやってくれた。資料も有用。ありがたや。
5限は、飯田耕一郎さんをゲストにお呼びしてインタビュー的な質疑応答を参加者と行った。これが無茶苦茶興味深い話で、Zoomでは今一つわからないものの、かなり盛り上がった人も多かったと思う。結局50分近く延長し、飯田さんは太極拳の練習に向かわれた。またこんな機会を持てるといいのだが。
学習院は、後期も遠隔授業で進めることを決めた。学生はかわいそうだが、先生もけっこう大変なのだよ。うちの場合スタッフが一番大変かもですが。やれやれ。教室で学生と会う機会は、ついにないのだろうか。
さて、ようやくこれで前期の授業が終わったが、遊ぼうと思っても遊びようがない状況。とりあえず大学研究室に通って本や資料の整理を進めるけど、面白くねぇなあ。遊べない人生に、どれだけ耐えられるんだろうか、俺。
写真の説明はありません。
コメント
シェア
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する