オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

ニール・コーン『マンガの認知科学 ビジュアル言語で読み解くその世界』(北大路書房)

»
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784762831089 日本でも発表をしたことのあるニール・コーンの『マンガの認知科学 ビジュアル言語で読み解くその世界』(北大路書房)が、千葉大の中澤潤先生の訳で刊行されました。なかなか難しい本で、僕はまだ理解できてないところも多いのですが、米国の最新のマンガ研究の一つが訳されたわけです。認知科学と言語学をベースに「ビジュアル言語」という概念を打ち立て、スコット・マクラウド『マンガ学』(Understanding Comics)を新たな学的なステージに移して批判的に継承する仕事といっていいと思います。今後、日本のマンガ研究でも検討されることになると思いますし、互いの議論が進展するといいですね。
マンガの認知科学 ニール・コーン(著) - 北大路書房
hanmoto.com
マンガの認知科学 ニール・コーン(著) - 北大路書房
私たちはマンガのストーリーをどうやって理解しているのか? 絵は言語としてどのように働くのか? マンガを形づくる「ビジュアル言語」の理論を,米国の認知科学者兼コミック作家の著者が提唱。言... - 引用:版元ド...
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する