オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

「「ホッカイドウ学」的マンガ学夜話@札幌」終了

»

6日夜、札幌国際大学の大月隆寛教授のプロデュースによる「マンガ夜話」復活版というか同窓会というか・・・な「「ホッカイドウ学」的マンガ学夜話@札幌」終了しました。

早起きして札幌に飛び、やや寝不足のままでしたが、数年ぶりにもかかわらず、同じメンバーが揃うとなぜかもう、例によって例のごとし、まことに気楽に話はあちこちに飛び、いつも思うのだが、何でこのメンバーだとかくと緊張感がないかというほど、スムーズにいつもの流れでありました。もともと、北海道出身のマンガ家が多い、ということ自体、どこまで統計的にいえるものかわからない上、北海道の風土とマンガ家たちの個性を関連付けるのも、相当あやうい話でもあり、全体にぼんやりした座談ではありましたが、少なくとも僕としては久しぶりに楽しい場でした。大月さん、スタッフの皆様、御苦労さまでした。

この様子は、北海道のNHK報道にちょこっと流されるかもしれないのと、WEBでの放映もあるような話でした。連絡あり次第、お知らせするつもりです。

イベント後、スタッフの学生さんたちもまじえて、居酒屋で打ち上げ。12時過ぎにホテルに帰り、翌日は笹峰愛ちゃんと同じ便で昼に東京着。機中、お隣でラフマニノフのピアノ・コンチェルトの楽譜を読まれているピアニストの女性がいたので、つい好奇心で話かけ、羽田まで興味深いをお話を色々。そして羽田から直接目白に行き、うちの自主ゼミに参加。今回はコスプレを論じた修論についての議論でした。全体楽しかったけど、いや、眠かった。

Comment(3)

コメント

ヒロ

お疲れさまでした。


1センチでも暖かい所に行きたいとおっしゃっていた夏目先生が
冬の北海道に来て下さるのですから、私も仕事を早退して札幌に行きました。


皆さんが全然変わっていない事にビックリ。
(愛ちゃんも相変わらず可愛い!)


今回の夜話のテーマを見たときには、「えっ、これ、夏目先生が否定しちゃいそうなテーマじゃない?」
とドキドキしましたが、そこはさすが夏目先生。
事前に人口比を計算されて(でも控え室に忘れてきて)いたのですね。

以前、モンキー・パンチ先生から北海道出身の漫画家が描く作品の特徴について聞いた事があります。
漫画家さんや出版社の方の意見も聞けると面白そうですね。


嬉しかったのは、夏目先生がただ一人「大泉洋は面白い」と言ってくれたこと。
意外と大泉洋の面白さは分かりにくいものなのですね。


また福本伸行先生の話題が出たのも興奮しました。
(私が最近大人買いしたのが福本伸行先生と永久保貴一先生)
福本先生の漫画の主人公がイケメンに見えてしまうのは、読み手の技術なのかどうか知りたいと
思っていました。
デッサンの狂いを頭の中で修正するだけでなく、カッコいいと思えるのは自分でも不思議です。


あーー、マンガ夜話はやっぱり楽しいなぁ。是非復活して欲しい!!(これはNHKに?)

myyahele

お疲れ様でした。

当日一番前の席で拝見させていただきました。

憧れのマンガ夜話の皆さんをお目にかかれると聞いて仙台からやって来たのですが、とても楽しい時間を過ごす事ができました。 最初メンバーが全員登場されたとき、皆さん少しお疲れのようで心配しましたが、始まるやいなやいつもの雰囲気に会場が包まれていたので安心しました。

内容は少し難しいことがあったと思いますが、数十秒に一回は笑いが起こっていて、いつもの皆さんのやりとりが聞けて本当に面白かったです!

僕はマンガ夜話も夏目先生も大ファンなので、またお目にかかれることを願っています。マンガ夜話復活してほしいです!

本当に楽しかったです。ありがとうございました。

miyaco

当日、楽しみに行きました。本当に生のメンバーの皆さんのいつもの雰囲気のお話を楽しませていただきました。たくさん笑わせていただきました。ありがとうございました。

いつもはブログを覗くだけなのですが、札幌でお目にかかれた感謝の気持ちをお伝えしたくてコメントさせていただきました。

大月教授が札幌にいらっしゃるということを知り、また、マンガ夜話の出張版が開かれることを期待しています。

コメントを投稿する