オルタナティブ・ブログ > 中小企業のIT営業戦略術 >

中小企業がITを活用して売り上げにつなげるにはどうしたらいいか?WEBマーケティングとWEB戦略コンサル実績350社50業種以上の実績とノウハウで、海外の最先端情報を中心に、噛み砕いてご紹介。

Facebookの新機能「Timeline」を一足早く体感する方法

»

20110925_23h14_49

米国時間9/22、日本だと23日に、サンフランシスコで行われたFacebook f8カンファレンスにて、新しい機能「タイムライン」が発表されましたね。

まだ未公開の機能ですが、やり方によっては一足先に体感することができます。

その方法をご紹介します。ライフログ的な~ですとか、そういった言葉が、実際に自分のタイムラインを見ると分かりやすくなりますよ(^_^)

元ネタはこちらです。

▼How To Enable Facebook Timeline Right This Second | TechCrunch

どうすればいいのか

一言で言えば「OpenGraphのアプリ開発者には先行リリースされているので、アプリ開発者になってしまおう!」ということです。

アプリ開発者自体はお金もかかりませんし、何か動く物を作らなければ行けないわけでもありません。

アプリを登録するだけでいいんです。

手順

  1. 開発者ページにアクセス https://developers.facebook.com/apps
  2. 適当にアプリを作成(実際には使わないし公開されないので本当に何でも良い)
        → 最初の設定でネームスペースはつけておかないとダメ。
  3. そのまま特に特別な設定なしで進む。
  4. 「基本設定」の画面まで来ると左上に「Social Graph」というメニューがある
  5. そこで、「People can read a book(適当で良いです)」あたりで「Get Started」する
  6. すぐか、ちょっと建つと自分のホーム画面上部に、使いますか?の表示が出る
  7. Yesすると、タイムラインの画面に。

Timelineは、OpenGraph開発者同士(要はタイムラインを見られる物同士)なら見せ合うことができるようですが、それ以外の方に見せることはできないようです。

ちなみに私のはこんな感じです。

20110925_11h11_39_2

下にスクロールすると自分の過去が出てきます。

もちろんFacebookに登録されている物だけです。

「すばらしいライフログだ」「他人にそんなに自分のことを披露したいのかい?」など様々な反応がありますが、個人的にはネット上でスタートするお付き合いも多い中、ネット上で公開している情報が多いのはうれしいです。

ますますセルフブランディングが必要になってきますね!

海外戦略情報Facebookページ

Google+のお誘い

よろしければサークルで一緒に情報交換などさせて下さいね(^_^)(※ちなみにこのウィジェットはここで作れます。)

WEB戦略ニュースレターで、さらに定期的にノウハウを

ブログでは書いていない、そもそもの考え方や掘り下げた内容をお送りしています。 WEB戦略無料メールマガジン

→WEB戦略メルマガのサンプルはこちら

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する