オルタナティブ・ブログ > 『スマートIT』術 >

「使いやすく」「ハマる」技術とは! それは・・・

フレッツ光の移転体験談(NTT東日本からNTT西日本へ)

»

東日本から西日本への引越の際にフレッツ光も移転することに。
その際の体験談を書いてみよう。

まず、移転のつもりでNTTへ問い合わせをしたのだがNTT東日本とNTT西日本は別会社の為、一旦NTT東日本で解約してそしてNTT西日本で新規契約をしなければならないとのことである。
電話担当者が言うには、従来のメタルの電話回線であれば電電公社のなごりで引越の場合は全国的に移転できるのだが、光回線に関しては会社単位での契約になるとのこと。
ということは光ポータブルも自動的に解約されることに。

そして、重要なことが発見された。
光回線が開通するまで1カ月前後日数がかかる場合があると言うのである。
まずは立会調査が必要で、その後開設工事日が決定されるためである。
そこで、困ることがある。
・光回線が開通するまで固定電話ができない。
・光回線が開通するまで光ポータブルがレンタルできない。
・光回線が開通するまでパソコンでネットが利用できない。

そこで、NTTからの光回線が開通するまではADSLの利用を提案された。
ADSLを利用するには約2,000円の初期費、そして約3,000円の光回線乗り換え時に費用(同じ電話番号の移行等)がかかるとのことである。
当然ADSL利用料は毎月かかる。
光回線が開通するまでの約1か月のADSL利用にあたりADSL利用料以外に約5,000円の出費が!光回線がすぐ開通すれば必要のない5,000円の出費が!
NTTさんはこんなところでもしっかり儲けている。
携帯電話や時計等の修理の場合、修理期間中は不便なため代替えを無料で貸してくれるのだが。1か月も電話が開通できないのであれば、すぐ利用できる従来のメタル回線(すでにメタル回線が建物に通っている場合)をその間無償で利用してもらうくらいのサービスをしても良いと思う。それが商売の基本ではないだろうか。

と、商売にあたっての良い気づきをいただきました。

続きは次回(NTT東日本からNTT西日本地域への引越に伴う通信環境構築体験談)へ。。。

Comment(1)

コメント

K-Hoshi

約1年前にITPRO(競合サイトですが...)のアンケートではないですが、「NTT(地域2社と長距離・国際1社の分割統治体制)から電電公社へ」という流れを作らないと、ユーザーにとっては不便なだけではないでしょうか。
もっとも、その話をした途端、KDDIを筆頭とするNCCキャリア(死語?)が一斉に拒否反応を示すことになるでしょうけど。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20100331/346486/

コメントを投稿する