オルタナティブ・ブログ > 『スマートIT』術 >

「使いやすく」「ハマる」技術とは! それは・・・

【iOS4.2】iPad日本語入力の最大の改善はこれだ☆

»

iPadに関して、iOS4.2になったことでの日本語入力最大の改善は、Apple Wireless Keyboardからの入力だと感じる。

それは、文字変換候補を選ぶ際のキー操作が改善されたことである。

まず、文字変換の候補を選ぶ際、以下の画面のように文字入力のカーソルのそばに変換候補が表示されスペースキーや矢印キーで選択できるようになっている。以前のOSバージョンでもそれは可能であった。
Ipad_japanese1_2

そして、今回の改善は上記候補に無い場合、以下の画面のように画面下に候補が表示される。そこでの選択方法が以前は画面にタッチするしかなかった。しかしiOS4.2ではApple Wireless Keyboardのスペースキーと矢印キーでも選択が可能になったのである。
Ipad_japanese2_2

これは、わざわざ画面をタッチする行為をとる必要が無く、キーボードから手を離さなくて良くなったことが、大幅に操作効率を上げている。

また、日本語変換の候補も充実してきたように感じる。そのため、ソフトキーボードだけでも快適性を感じるかもしれない。

この2点により格段に文字入力効率が上がりストレスも減った。

さらに、単語登録機能も備わったためスマートで使えるPadデバイスとなってきた。

◆関連エントリー
iOS4.2.1ついにリリース☆早速アップデートしてみた。iPadの使い心地は?!(2010/11/23)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する