オルタナティブ・ブログ > 『スマートIT』術 >

「使いやすく」「ハマる」技術とは! それは・・・

光ポータブル(モバイルWi-Fiルータ)+フレッツスポットを使い続けて3か月。フレッツスポットを解約すべきか!

»

モバイルWi-Fiルータの『光ポータブル』入手が7月16日。
フレッツスポット開通が7月20日。

使い続けて早3ヶ月が経った。

今回は、体験による使用感を考えて見たいと思う。
前置きとして、電波が良ければ3Gよりフレッツスポットの方がスピードが速い。
フレッツスポットの魅力はスピードにある。

私の環境は以下の通り。
・光ポータブル(SIMロック版)DoCoMoFOMAの定額データプラン
・フレッツ・スポット契約
・光ポータブルと接続するデバイス:iPad、iPod touch

あと、スマートな点は光ポータブルを鞄に入れておけばiPad、iPod touchを取り出すだけで通信可能な点である。
もちろんニンテンドーDSやPSP等のゲーム端末やノートパソコンでも光ポータブルとWi-Fiで通信できる。
フレッツスポットを契約している場合であるが、駅や喫茶店でフレッツスポットエリアに入れば高速通信が可能となる。それ以外の場所は3Gでつながる。

そこで、今まで体験したことを書いてみると、

1.
喫茶店でフレッツスポットが設置されているが座る場所によっては電波が弱くなる場合がある。その際、フレッツスポットの電波が切れかかる場合がある。そうして3Gに切り替わったりフレッツスポットに戻ったりして繋がらなくなった。

2.
電車の中でも繋がらないことがあった。それも駅プラットホームにいてブラウザから光ポータブルの管理画面で電波をキャッチしているのを確認している時でも繋がらなかった。
そこでwebで探してみると、

駅のプラットホームで無線LAN(フレッツスポット)に繋がり、駅から電車が離れ電波が無くなるとNET接続が不可になる。
そこで光ポータブルは3G回線に切り替えるタイミングを計っているが、その間に次の駅に到着してしまう。
こうなると、駅と駅の間の走行中は全くNET接続が出来ない事になり、自動切替機能がかえって邪魔になる。

といった内容を書いている人がいた。

上記1.2.の現象の場合いろいろ試してみた
A) iPadのWi-Fiを一度オフにしたあと再度オンにしてみる。
B) iPadのブラウザから光ポータブルの設定画面に入り、再接続してみる。
C) iPadを再起動してみる。
D) 光ポータブルを再起動してみる。

私が試した結果、上記4通りで効果があったのはD)のみであった。
この結果は、試す時のタイミングによって変わってくる可能性もある。

フレッツスポットとの切り替わりが影響でつながらない場合があるのであれば、フレッツスポットを解約してもよいと思っている。
私の使用感では、3Gだけでも十分使える。
フレッツスポットはあれば便利。といった感覚であるからである。

という状況により、フレッツスポットを解約するかどうか検討中である。

近いうちに上記1.2.の状況にならないように「光ポータブル」のファームウェアが更新されるかもしれない。

スマートな商品なだけに、何か解決策があれば良いのだが。。。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する