オルタナティブ・ブログ > 「島ナイチャーの沖縄探訪」 >

沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

世界最高の日本語音声認識エンジン 2

»

めんそ〜れ!

前回ご紹介しましたが、弊社のメンバーによる同時音声文字通訳の技術はかなりなもので、日本語音声認識の精度と内容では、多分世界一だろうと述べたのですが、それでは一体どれくらいのスピードの音声の認識が正確に行えるのだろうと測定をすることにしました。

弊社の文字通訳者はそれぞれが個人としても大変な技量を持っており、1分間に200文字のかな漢字混じりの文章を音声を聞いて同時に作成することができます。
しかしながら、同時音声文字通訳を行っている佐賀県武雄市議会の議員さんの話などは、分速300文字を超えるスピードです。
弊社の同時音声文字通訳者はそれをいとも簡単に正確に文字通訳を行っております。
世の中には、特殊なキーボードを使用することで、分速400文字を達成しているところがありますが、弊社では、普通のPCを使用し、一般の人が行うようにローマ字入力で、入力を行っております。
弊社では、通常は2名がペアになり、交互に入力することで、スピードを上げております。この方式で行っているところもあるようですが、議事録を同時にやれるところが出てきていないので、たぶん他ではできてないのでしょう。
今回、弊社の精鋭を集めて、どれくらいのスピードで、実際に入力ができるか測定して見たところ、なんと433.6文字を1分間に入力することができました。それも1文字も間違えずに正確に入力されておりました。

多分これは、精度も含めたら最速に間違いないと思いました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する