オルタナティブ・ブログ > 「島ナイチャーの沖縄探訪」 >

沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

4年ぶり、沖縄本島台風直撃 ~沖縄の雇用促進 その2

»

めんそ~れ!

今日は4年ぶりに台風が沖縄本島を直撃です。

お昼過ぎには直撃ということでしたので、今日は朝からニュースをみながら、職業訓練を実施するかどうかの決定をしなければいけませんでした。

午前中は日もでていて、晴れていたので正直台風が来ているという実感は少なかったのですが、沖縄の台風はいきなり雨風が強くなるという地元の社員からの進言もあり、早々に休校を決めました。

沖縄では暴風警報が出て、公共交通機関であるバスが運休したら、休みというのが一般的で、学校関係は早々に休校をテレビでながしていましたので、当社も職業訓練校なので従いました。

4年前に台風が沖縄本島を直撃したときは、ちょうど沖縄に赴任したばかりで、賃貸マンションの部屋の中で台風のすごさに驚きながらすごしました。

そのときの体験から、沖縄の台風は只者ではないということを知っていますので、万一のことを考えての決断でした。

しかしながら、基金訓練の訓練生の大部分は給付金を受給しながら受講しており、給付金の給付条件は、各月の出席率が80%以上となっています。休校の場合は、代替日に授業を実施するのですが、平日は毎日訓練日になっているので、代替日は土曜日になってしまいます。そうすると人によっては受講できない人がでてくる可能性があります。それによって、給付条件である出席率を満たさなくなる人がでてくる可能性があり、運営上は非常に難しくなります。特に、今日は8月31日ということで、1ヶ月の締め日にあたり、今日が休校になると出席率の計算の分母が少なくなってしまうことになります。そのあたりのことは、基金訓練のルールでは配慮されていないようなので、またまた中央との確認が必要になり苦労しそうです。

前回のブログでかかなかった「あれ、あれ?」と思うような「後出しじゃんけん」の件も合わせ、柔軟にかつ民に配慮してほしいというのが正直な感想ですね。

それにしても、そろそろ14時なのですが、一向に雨風が強くなってこないんですよね。

この状況であれば、9時ー15時までの訓練は実施できていたような感じですが、後の祭りですよね。授業実施にしていれば、悩むこともなかったのに。。。

今年の台風が4年前ほどのすごさであれば、その模様をビデオでブログに貼り付けたいと考えていたのですが、今のところは貼り付けるほどのことは何も起きていません。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する