オルタナティブ・ブログ > 「島ナイチャーの沖縄探訪」 >

沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

沖縄県内失業率悪化 8.4%

»

めんそ~れ!

昨年末には那覇マラソン、今年2月には沖縄マラソンに出場、といっても、どちらも時間切れで完走できなかったのですが。

このところ暑さに負けて、ウォーキング・ジョギングをしていなかったのですが、ちょっと体調が思わしくないので今日からウォーキングを始めました。

Photo 近所に「宇堅ビーチ」という、観光客には有名ではないですが、地元の方たちが訪れるビーチがありますので、自宅からぐるっと「野鳥の森自然公園」を回って、「宇堅ビーチ」まで行って帰ってくる全工程4Kmくらいのコースです。

宇堅ビーチは、ビーチ・パーリィができるように屋根付のテーブルがありますので、そこで一休みをしました。

たまたま、仕事前に景色を見ながら一休みをされる地元の方と一緒になりました。私より6歳年上の58歳の方でしたが、トラックで本部まで1日4往復するということ。8時からの勤務なので、それまで時間があるので「宇堅ビーチ」で景色を見ながら時間をつぶすと言うことでした。

アメリカ軍の占領当時の話など、1ドル360円時代に、1ドルで映画を見て、食事ができたことなど、また、ハブが出るから夜は気をつけなさいとか、いろいろと沖縄のお話を聞けました。

昨日の夕刊に、沖縄の6月の失業率が前月比-0.8%の8.4%になった、8%台は14ヶ月ぶりの高水準だとでておりました。全国平均も前月比-0.1%の4.1%と悪化したということですが、沖縄は倍以上悪いという状況です。

失業率を男女別にみると、男性が9.5%(前月比-0.8%)、女性が6.9%(同-1.2%)となっており、女性の失業率のほうが少ないが、前月比では女性が大きく減少していると言うことです。男性が働ける主要産業が少ないと言うことと、女性でも働ける仕事が、業績の悪化で女性の臨時職も減ってきていると言うことでしょうか。

有効求人倍率は、0.41倍ということで、しごとを探すのも一苦労だという状況です。新規求人は、サービス業(-37.3%)、飲食・宿泊業(-25.3%)についで、情報通信業(-23.0%)と大幅減少となっています。

情報通信は、インターネットの普及で地域を問わずに仕事のチャンスを増やしてきているはずなのですが、本土系の企業は、石油価格高騰による業績が悪化したことで請負・派遣での求人が減ったようで、沖縄本社の企業で内地の企業から仕事をとってこれる企業をもっと増やしていかないといけないと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する