オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

[オーディオ] BOSEのQuietComfort 15 を Bluetooth化

»

以前からBOSEQuietComfort 15というノイズキャンセリングヘッドホンを利用していますが、
この機種は、Bluetoothにも対応していないし、付属ケーブルも長くてよく引っかけて抜いてしまっていました。

Bluetooth対応のものが出れば、新しく買ってもいいと思ってしばらく使ってきましたが、
そんな気配もありません・・・

使ったことがある人ならわかると思いますが、
このヘッドホンは、ケーブルをiPhone対応用とか、普通のオーディオ用とか根本から挿抜して取り替えることができます。 
ということは、きっとBluetooth対応なモジュールがあるに違いない!と思って調べましたが、
それも無いようです・・・
Plug

そんな中、偶然増井さんのブログで、同様の悩みについて書いてある記事を発見しました。
その方法は、Bluetoothレシーバーを購入して、短く改造したケーブルで繋ぐというシンプルなもの。
これは盲点でした・・・

私も早速レシーバーを購入して改造してみることにしました。

購入したのはコレ
IMG 2713そこそこ評判が良かったので、安心です。
SONYのSBH50というものです。

早速ヘッドホンに付属していたケーブルを改造します。
切断してしまうので、失敗したらさようならです。
ちなみに、純正ケーブルは3,000円くらいするとても高価なものです・・・
今回は、21cmで切断しました。

手順は増井さんのブログに詳しく書いてありますが、私も写真を撮ったので・・・IMG 2716
まずは、コネクタをカッターで丁寧にこじ開けます。
薄く接着剤が塗ってあるだけみたいなので、簡単に開きます。
まぁ多少の傷はつきますが、それは大目に見ましょう。

IMG 2717
分解したら、半田付けされている線の色をちゃんとメモっておきましょう。
あと、付け根の「虫 ?」はスポっと抜けないので、縦にカッターで裂いてケーブルを外しました。

線はエナメルだかホルマリンだかわかりませんが、絶縁コーティングしてあるより線で、
それぞれにグラスファイバーが絡めてあります。

それらを丁寧にほどいて、不要なファイバーは切って捨てます。
そして、先端をちょっとだけあぶってコーティングをはがします。

ここまでできれば、あとは半田付けするだけなのでとても簡単です。
IMG 2719

あとは、元通りに組み立てれば完成です。IMG 2720
ちゃんとした製品みたいに見えます!
IMG 2721

早速使ってみましたが、余計なものがぶらぶらしていないのでとても便利です。
帰宅してからも絡まることがないし、そもそもiPhoneを充電したまま家中をうろうろできるのもいいですね。

クリップは大きくて、スーツ、Tシャツ何でも装着できそうです。
両面テープでQC15に貼るというのは・・・大きすぎるからナシですね。

ということで、非常に満足いくものとなりました。

QuietComfort15のケーブルに不満がある方は、ケーブルの改造は自己責任ですが、
やってみる価値はあると思います。

 

 

<iframe src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=mtanedasdiary-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B008F5JZVC" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

 
Comment(0)