オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

続・Mac OS X Mountain Lion 通知センターの謎

»

昨日、Mac OS X Mountain Lion 通知センターの謎 などという中途半端な記事を書きましたが、
完全に解決したので書いておきたいと思います。

私はNotificationCenter.appという通知センターのためのプログラムが何らかの異常な状態になって、再起動すれば直るのだと思っていたのですが、
実は別のプログラムが暴走していることが原因でした。

それは、usernoted というやつでした。
どういうものかは深く調べていないので分かりませんが、/var/log/system.log をみていたら発見しました・・・

こんな感じで死んでいます。

Jul  7 12:49:07 Hostname.local Dock[173]: Lost connection with usernoted.
Jul  7 12:49:07 Hostname.local NotificationCenter[188]: Connection interrupted.
Jul  7 12:49:07 Hostname com.apple.launchd.peruser.501[150] (com.apple.usernoted[1297]): Job appears to have crashed: Segmentation fault: 11
Jul  7 12:49:07 Hostname com.apple.launchd.peruser.501[150] (com.apple.usernoted): Throttling respawn: Will start in 9 seconds
Jul  7 12:49:07 Hostname.local ReportCrash[1292]: Saved crash report for usernoted[1297] version ??? to /Users/hoge/Library/Logs/DiagnosticReports/usernoted_2013-07-07-124907_Hostname.crash
Jul  7 12:49:07 Hostname.local ReportCrash[1292]: Removing excessive log: file://localhost/Users/hoge/Library/Logs/DiagnosticReports/usernoted_2013-07-07-124535_Hostname.crash

おそらくこれが原因でNotificationCenterが「Connection interrupted」と言っているのではないか?と思ってGoogle先生で検索したところ、
にたような症例がありました。
参考にさせていただいたのはこちらのサイトさんです。

Macのプロセスusernotedが安定した

どうやら、Growl用のプラグイン「Bark」が原因だったみたいです。
こいつを停止したら、きれいにおさまりました。

私は、/Library/LaunchDaemons/us.pandamonia.Bark-Helper.plist を編集して、ヘルパープロセスを自動起動しなくして対応しました。
Bark
<key>RunAtLoad</key>の下にある<true/>を<false/>に書き換えて再起動すれば止まります。

無事に解決してよかったです。
解決前はスクリーンショットのような怪奇現象も起こっていたのでまいっていました・・・そのたびに通知センター再起動は面倒すぎですしね。
NotificationCenter

 

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する