オルタナティブ・ブログ > 森崎修司の「どうやってはかるの?」 >

計測できそうでできない多くのこと。エンピリカル(実証的)アプローチで。

初代SimCityがMicropolisとしてオープンソース化

»

ちょっと前の話になるがgoogle codeで初代SimCityのソースコードがオープンソースとして公開されたようだ。名前はMicropolis。

作者のDonhopkins氏のブログに紹介があった。Python, Tcl/TKあたりの記述があった。「セルオートマトンエンジン」というモジュール名がみえた。当時はまだまだアルゴリズムやハードウェアの機能ベース(シーズベース)でゲームを作るのが珍しくなかった。ハードウェアで画面がスクロールできるからスクロールするゲームを作るというような。

シーズベースのアプリケーションは出てきているのだろうかとふと思う。たとえば仮想化やWebサービス(のUDDI)をきっかけに作られたアプリケーション等。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する