オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

価格勝負から価値勝負へのシフトのカギは、「吉野家らしさ」の追求が出発点だった

»

価格戦争が激しい牛丼業界。

いかに価格勝負から価値勝負にシフトするかは、大きな課題です。

各社、大変な努力をされていますが、本日の日本経済新聞に、こんな記事が掲載されていました。

現場からの逆襲 吉野家、鍋で持ち味再発見
値ごろ・満足感、開発陣が追求 店員も「売る喜び」実感

牛丼チェーン各社の11月既存店売上高は、前年同月比で次の通りでした。

吉野家 19.5%増
ゼンショーHD 1.4%増
松屋フーズ 1.0%減

吉野家の牽引役は、630円の改良版「牛すき鍋膳」「牛チゲ鍋膳」。牛丼の倍近い価格です。

記事では、この商品が生まれたきっかけをこのように描いています。

---(以下、引用)----

この商品が生まれたきっかけは昨年2月ごろ、会長の安部修仁(65)から出た一言だったという。「(グループ企業のしゃぶしゃぶ店)どん亭にある牛すき鍋膳(当時790円)を『吉野家らしく』出せないか」

---(以上、引用)---

ここから試行錯誤が始まります。


「ぐつぐつと調理するライブ感を出したい」
その結果、コンロも鍋も独自仕様で開発。
さらにタレの味、具材の選択、価格設定と課題は山積み。

記事では、このような言葉が紹介されています。

「我々は長く価格を下げるノウハウを築いてきたが、上げるための付加価値の作り方が弱かった」

 
いかに「価格勝負」から「価値勝負」にシフトするかは、多くの日本企業にとっての課題です。

この吉野家の取り組みから学べることは多いと思います。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する