オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

あえて選ぶとしたら、「一流の戦略と二流の実行力」よりも、「二流の戦略と一流の実行力」

»

この言葉は、「メイドインジャパン 逆襲のシナリオ」(NHK取材班、宝島社)で、ダイキンの井上会長が語っておられる言葉です。

---(以下、p.218から引用)---

私自身、戦略を立案して役員会で決めて「さあ実行」というときには、もうその戦略が古くなっていたという失敗を何回も経験しています。ですから「一流の戦略と二流の実行力」、あるいは「二流の戦略と一流の実行力」のどちらかを選ぶとすれば、私は迷わず後者を取ります。……100%を求めていたらスピードもタイミングも逸してしまいます。六分の理があれば、勇気ある決断によってまず実行に入る。

---(以上、引用)---

 
かつては何かを作ったりビジネスを立ち上げるには、「ヒト・モノ・カネ」が必要でしたが、いまや小資本でも立ち上げられるようになりました。

むしろタイミングを逸してしまう方が、はるかに怖いことなのですよね。

私も、色々な企画のタイミングを逸してしまうことを数多く経験しました。タイミングを逸してしまうと、いくら「ヒト・モノ・カネ」をつぎ込んでも、なかなか挽回できません。

現代では、「時間」は、「ヒト・モノ・カネ・情報」に続く第5の経営資源です。しかし、その重要性は他の4つよりも、場合によっては大きいかもしれません。

 

もちろん「一流の戦略」があればベストですが、現代では、情報や時間が足りずにしっかりした戦略を立てられないことも多いのが現実。

タイミングを逸しない実行力が、何よりも大切な時代だと思います。

 

Comment(0)