オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

続・年賀状印刷用プリンターを買い換え (Epson PX-105)

»

昨日の続きです。

一昨晩注文したEpson PX-105が昨日届きました。

会社から帰宅し、夕食後に早速セットアップです。

 

すごくコンパクトでまずびっくり。プリンターで重量3.6Kgというのは、まるで中身がないかのような軽さです。私はインクジェットプリンターは年賀状印刷の時に使うだけなので、この小ささは素晴らしいです。

Mac Book Air (Mountain Lion)にドライバーを導入し、無線LAN接続設定を行い、そのままの状態でVMware Fusion 5上のWindows 7に導入した筆王V17から印刷してみたところ、あっけなく印刷できました。

しかもすごく速いのに驚き。以前使っていたのが2004年暮れに発売していたEpson PX-G920でしたがこの8年前の写真専用モデルと比較すると、2-3倍の速さです。

試しに90枚だけポストカードを印刷してみましたが、かかった時間は18分間。紙詰まりがないのはとてもいいですね。

これまでだと、毎年年賀状数百枚の印刷で数時間かかり、しかも紙詰まりを起こしていたのですよね。

 

無線LAN接続はなかなか便利です。インクは4色なのも保守費用の面からいいですね。(インクが多いとそれぞれ購入しなければならないので)

プリンター本体価格はアマゾンで8,280円でした。

 

年1回の年賀状印刷の時だけプリンターを使う方で、インク購入コストで数千円必要になり、今のプリンターに不満がある方は、一つの代替策としていいかな、と思いました。

 

 

 

Comment(0)