オルタナティブ・ブログ > スポーツとITの詰め合わせ >

トップレベルのプロスポーツから草野球などのアマチュア競技に至るまで、スポーツのさまざまな場面でITが活用されています。いまやITはスポーツを支える重要な存在といえるでしょう。本ブログでは、さまざまな切り口から「スポーツとIT」を眺めていきます。

ヘディングシュートと選手身長の関係は?

»

 サッカーW杯・南アフリカ大会もいよいよ佳境に入ってきました。昨晩は優勝候補の大本命だったブラジルがオランダに敗れるなど、目の離せないゲームが続きそうな予感です。

 そうしたW杯をさらに盛り上げるサービスが登場しました。ビジネスインテリジェンス(BI)ベンダーの米QlikTechが提供するアプリケーション「Kick It & Qlik It World Football Fan App」では、1930年の第1W杯から今大会までの統計データを閲覧、分析できます。出場選手や試合の詳細データはもちろんのこと、選手の身長とヘディングシュート数の相関関係や、年齢別のアシスト数など、無料のサービスとは思えないほどの充実ぶりです。

 ソースとなるデータは、スポーツ関連のデータベースを保有するオランダのInfostrada Sports社が提供しているため、信頼度も抜群です。

 例えば、ヘディングシュートと選手身長について、2002年の日韓W杯以降では、180センチ~182.5センチ未満の選手が最も多くヘディングで得点を決めています。ユニークなのは、最多得点層の1つ前である177.5センチ~180センチ未満は、選手自体が極めて少なく、172.5センチ~177.5センチ未満の選手の方がはるかに多くのヘディングシュートを決めています。この身長はサッカー選手不毛なのかもしれませんね。

qlik01.jpg

Kick It & Qlik Itのデータ分析画面


 いろいろな指標を組み合わせることで、思いもよらないデータが浮かび上がってきます。Kick It & Qlik Itは、BIベンダーが開発していることもあり、ユーザーインタフェースは操作性に優れていて、検索はストレスなくサクサク動くのが良かったです。モバイル端末にも対応しているようなので、しばらくは四六時中データいじりに没頭しそうです。

 なお、今回のネタはITmedia野球部の納富主将から提供いただきました。ありがとうございました!

Comment(4)

コメント

akirapon555

公式ブログ開設おめでとうございます。

ぜひぜひ「マニアックなのに一般的」という伏見さんの得意分野をみなさんにご紹介してあげてください。さっそく登録しておきました!

「ヘディングは身長ではない」
面白いデータですね。

少し見てみたのですが、これは過去データの累積ですから、各大会の平均値を取っているのでしょう。そうすると昔の選手と今の選手では体の大きさが違いますから、やっぱり2~5センチぐらいは身長とヘディングの相関は変わっているのではないでしょうか。20年前と今の大会では選手の身長が違うと思うので。

まあ、190センチまで身長があるとシュートを打つには不向きなのかもしれませんね。これから180ぐらいの選手に注目しましょう!

akirapon555 様

コメントありがとうございます。
確かにサッカー選手の身長は時代とともに変わってきているはずですね。

もっと細かくデータを分析すると、面白いものが浮かび上がってきそうです。
例えば、長身選手は足元のプレーが苦手だといいますが、実際のシュート精度はどうなのか、とか。

PAPA

身長の分布の件ですが、これは実測ですかそれとも自己申告でしょうか。
仮に179cmとかだと自己申告で180cmとか言ってしまいそうです。
分布の山の形の異常さにはそれなりの理由があると思うのですが。

伏見学

PAPA 様

コメントありがとうございます。

確かに、今回の件に限らず、選手の身長や体重の正確性は気になりますね。
今回の選手データについては、Infostrada Sports社から提供されたものが活用されているようです。

近々、QlikTechの方を通じてデータソースについて伺ってみます。またこのブログでご報告できればと思います。

コメントを投稿する