オルタナティブ・ブログ > 「大きなお世話かもしれませんが真流マーケティングです」 >

小さく地味に、でもかっこよく、少しずつ大きな相手を動かしていきましょう。最初はちょっかいでも、いつかそのうち戦略パートナーの座をめざす、真流マーケティングです。

「いいちこ」ソングが「着うた」で1位!

»

はじめまして猪口真です。

まだまだ市場に活気が戻ってきたというには程遠い現状ですが、ここは我々現場の底力を結集して、いっしょにがんばっていきましょう。

 

今回は、第一回の記事ということで、すこし肩のあたりが硬いですが、まずは最近の私にとってのビッグニュースをひとつ。

なんと、坂本冬美の「また君に恋してる」が「レコチョク着うたフル週間ランキング」の3月31~4月6日でついに1位を獲得したらしい。さらに、iTunesストア・総合ソングチャートでも4月6日に歌謡曲ジャンルでは初の1位を獲得したということではないか!

もちろん、おなじみ「いいちこ」のCMソング。

「いいちこ」と言えばここ数年焼酎業界でトップの売り上げを誇る「三和酒類」(焼酎事業が全社の50%以上を占める会社に絞る)。ここのところ4年連続前年割れに陥ってはいるものの、今でも567億余の売り上げを誇る。

焼酎業界は、2008年度の業界全体で、2004年の焼酎ブームを超える過去最高の売り上げを叩きだしたものの、2009年度の決算数字は、三笠フーズの影響や消費の低迷もあって厳しい数字が予想されている。そんな中での今回の快挙は、三和酒類のみならず焼酎業界全体への久しぶりのグッドニュースだ。

三和酒類といえば、500億強の大企業にもかかわらず、宣伝部も商品企画部もないユニークな会社。マーケティングに関しては、アートディレクターの河北秀也氏を30年以上も前に起用し、すべてを一任することで一貫したマーケティングを行ってきた。3億しかなかった売り上げがここまで成長した軌跡は、マーケッターの人たちがこういう仕事をしてみたいと願う代表的な仕事だろう。

 

そして今回の坂本冬美の大ヒット。情感たっぷりのこの曲と「いいちこ」の組み合わせは、ストーリー性バツグンで、まさに情感マーケティングと呼ぶにふさわしい。

当事者もまさか、着うたでの1位を狙ったわけではないだろうが、こうしたストーリー共感は、年代やツールを選ぶものではない。

 

きっと今日もどこかでいい歳したおっさんが、カラオケスナックで「いいちこ」のビンをマイク代わりに「またきみぃにぃ~」と熱唱しているのだろう。

Comment(3)

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=4Mb8q7V3URM

↑この曲ですね! いい歌です。たかきはビリーバンバンのほうしか知らなかったんですが、坂本冬美もいいですねえ。

いいちこ、最近あまり呑んでませんでしたが、まさにまた飲みたくなってしまいました。これぞ、情感マーケティングにハマっているのかもしれません。

次回は、“あの歌”でしょうか?(笑) 楽しみにしてます!!

澤田景子(管理人)

こんにちは、管理人です。ブログ初投稿、ありがとうございます。
管理人はお酒はまったくダメなんですが、このCMはTVで流れるとついつい口ずさんでしまいます。日本独特の哀愁というか、情感あふれるメロディーがそうさせてしまうのかもしれません。(ウィスキーがお好きでしょ♪も、結構好きです)
今後のブログも楽しみにしています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

猪口真

そうそうこの曲です。
次は、もちろんあの曲でしょう!?

コメントを投稿する