オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

著作権規制は厳しければ良いってものではない

»

「政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)は、音楽や映像を違法コピーした「海賊版」をインターネット上からダウンロードすることを全面的に禁止する著作権法改正に着手する。」との朝日新聞の記事。まだ具体的には何も決まってないようですが、ずいぶんとラジカルな改正案です。

現行の著作権法では違法コピー・コンテンツを配布したり、公開サーバ(含むP2P)にアップロードしたりすると著作権侵害となりますが、所持していたり、ダウンロードするだけでは侵害とはなりません。これでも侵害になってしまうと、たとえば、相手にわざと違法コンテンツを送りつけて罪に陥れるというようなことが可能になってしまうためと聞いたことがあります。

上記のように、著作権規制を厳しくする理由は、「コンテンツ産業を成長分野に育る」ためであるとされています。もちろん、著作権者の保護は大事ですが、結局のところ大事なのは著作物の保護と利用のバランスです。著作権法第1条にも著作権法の目的として、

この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。

と規定されており、著作物の公正な利用が重要であること、および、法律の最終目標は著作権者の権利保護ではなく文化の発展にこそあることが示されています。

大昔に自前のブログで引用したasahi.comの記事(元はASAHIパソコンの記事)「ユーザー置き去りの著作権攻防戦、記事の中身自体は古くなってしまいましたが、その時引用した以下の部分の正当性は変わってないと思います。

日本は、世界で最も厳しい規制を最も早く取り入れ、摘発も最も厳しい国の1つと言える。そのような日本だからこそ、先進的なサービスも世界で最も早く始まる――というのなら理解しやすい。だが現実は逆だ。

ということで、違法コンテンツの取り締まりを厳しくする→正当コンテンツの売り上げが増える→コンテンツ産業が成長するという近視眼的発想での著作権法改正だけは勘弁してもらいたいと思います。

Comment(50)

コメント

mohno

表題は同感ですが、まず、
> 違法コンテンツが増える→取締りが厳しくなる
という構図があるんじゃないでしょうか。“バランス”という点では、「侵害」vs「規制」という見方もあります。
喫煙者のマナーが悪くなければ(より正確には、マナーの悪い喫煙者がいなければ)、路上喫煙禁止なんて恥ずかしいルールが不要だというのと、根は同じだと思います。

通りすがり

朝日新聞の記事によれば、

> 政府は「世界トップクラスのコンテンツ大国を実現する」
> との方針を掲げ、アニメや映画、ゲーム、音楽、出版など
> のコンテンツ産業の市場規模を、2010年までに15兆円にしたい

という事ですが、著作権を改正すればそうなるものなんでしょうか?
音楽一つにしても「金を出しても、欲しい!&手元に置きたい!」と思える音楽は殆どありません。

流行りの曲にしても、ただ流行ってるだけ。
あちこちで聞こえてくるから、耳ざわりがいいから、まぁいいんでない、そんな「受身で十分」な音楽が多いからCD売れないんじゃないでしょうか。

一曲だけなら買いたいと思う場合はありますが、そのアーティストを丸ごと感じたいと思う事はほとんどないですね。個人的に。

だからアルバムCDが売れず、シングルCDや携帯でのダウンロードが主流になっているんじゃないでしょうか。

シングルCDにしても、その値段が妥当かどうかと聞かれると個人的には「否」と思っていますので、
値段とマーケットのミスマッチも原因の一つかと思います。

20代あたりの世代は、携帯電話会社の支払いが激しいかと思いますので、そのへんも関係あるのかな、とも思ったり。

こちらから能動的に(?)欲しいと思える音楽なりゲームなり、それが本当に少ない。

ゲームにしても、「こんなのに金払ったの?!もったいない…」と、自己嫌悪になってしまうような内容のものも多いですしね。

違法ダウンロードやらコピーやらが減ったら、その分購買意欲が盛り上がるとは思えないです。
それより、もっと国民の生活に直結した、有効な景気対策をしたほうが、購買意欲もあがるのではないでしょうか。

音楽だって、ゲームだって、生活必需品ではないですから、生活や気持ちに余裕がないと、そりゃぁ買いませんよね。

生活や時間や懐に余裕があれば「買ってみるか」という気も起こるんじゃないでしょうか。
音楽とゲームに偏ってしまった感がありますが、通りすがりのたわいのない意見でした。

mohno

> 「金を出しても、欲しい!&手元に置きたい!」と思える音楽は殆どありません。
不正に入手せずに済んでいるのであれば問題ないでしょう。また、そうであれば不正入手の方法が規制されたからって関係ないですよね?
「聴くけど」「見るけど」「遊ぶけど」それほどお金を払いたくないということだったら論外でしょう。

通りすがり

> 不正に入手せずに済んでいるのであれば問題ないでしょう。
> また、そうであれば不正入手の方法が規制されたからって関係ないですよね?

mohnoさんのご意見に対してのコメントではないので、mohnoさんからコメント頂いた事自体ちょっと驚きですが…^^;;

それはさておき、私、不正入手云々というお話しはしてないと思うのですが???
「市場規模を、2010年までに15兆円にしたい」という事が目的であるならば、今回の著作権法
改正はあまり意味がないのでは?という事です。
逆に言うならば、今の市場規模というか消費者の購買力が弱い、と思うならばもっと別な観点も必要じゃないでしょうか、というだけの事です。
これで、なぜ不正入手云々という観点でコメントを頂いたのかちょっと理解に苦しみます。
また、mohnoさんのお書きになった文章は、読みようによっては私が不正入手をしていると決め付けた上での内容にも読めますね。あまり気分が良いものではありません :-

beatnik

iPod/iTunesがNo.1になった理由を未だに理解出来ていないんですね。
YouTubeとメディアの繋がり方を見ても、日本は10年遅れてますね。

allen

海賊版を取り締まるのは至極まっとうな行為です。iPod/iTunesがメジャーになったのは、海賊版がダウンロードできるからなのですか?。なぜそこまでして違法ダウンロードを擁護するのでしょう?。なにかやましいことでもあるんでしょうかね?

栗原潔

iPod/iTunesの考え方: 「違法コピーは多少不増えるかもしれないが、ユーザーに不便を強いるコピープロテクトはやめよう」→爆発的ヒット、結果的に音楽産業も潤う
(過去の)国内メーカーの考え方:「違法コピー許すまじ。コピープロテクトはできるだけ厳重に」→ユーザーの反発、機器は売れない、音楽産業も右肩下がり
YouTubeのケースで言えば...
米国メディア企業の考え方: 「違法コピーけしからん。だが待てよ、これだけ人気があるということはうまくプロモーションに使えるかもしれない。YouTubeと組んで新しいビジネスができるのでは」
日本メディア企業の考え方: 「違法コピーけしからん。日本からのアクセスを禁止させろ!!」
まだ、YouTubeの方は結論が出てませんが、ハルヒのように日本でもうまくプロモーションに活用できたケースもあるようです。

beatnik

>海賊版がダウンロードできるからなのですか?。なぜそこまでして違法ダウンロードを擁護するのでしょう?

私が違法ダウンロードを擁護するとどこに書きましたか? 通りすがりさんではないですが、私が海賊版のダウンロードをしていると決めつけているのは不愉快きわまりないですね。

私はiPod/iTunesがメジャーになったのは、著作権と値段を含めた利用者の使い勝手(違法コピーではないので勘違いしないように)のバランスが良いからだと私は思っています。
iTunesが来るまでダウンロード販売が鳴かず飛ばずだったのは、使いにくい & 高いからなのは明白ですよね。業界が昔のやり方が良いと思って居るんであれば、iTunes につられて値下げする必要もないし、コピー回数の制限緩和だってしなくて良いわけですが、やっているわけですよね。推して知るべしじゃないですか。

メディアがYouTubeを積極的に利用することでCM等の露出を上げられるわけですから、メディアにとっても広告料を得る新しいモデルになり得ますからね。確かに、日本の著作権の仕組みだと簡単に応用するのは難しいとは思いますが...

allen

私もハルヒのファンですが(笑)、製作側は、YouTubeでプロモーションしようと事前に思っていたわけではないと思いますよ。ファンがYouTubeに違法アップロードしたものが閲覧されて、たまたまブームになった、という結果論なわけで。ハルヒの製作を担当した京都アニメーションという製作会社は、繊細で非常に凝った絵作りで知られるわけで、ハルヒも細部まで行き届いた作画ですが、製作スタッフは、あんな画質の悪い小さな画面で見られることを想定して、アニメを作っていたのでしょうか?。私がクリエイターなら、あんな画質では見て欲しくないですね。

beatnik

あっ、栗原さんに先に書かれてしまいましたね。YouTubeは既存の違法コンテンツの問題がありますが、Napster同様、最終的には新しいコンテンツビジネスになるんだと思います。

allen

beatnikさん
>メディアにとっても広告料を得る新しいモデルになり得ますからね。
現実問題として、YouTubeは著作権者に正当な対価は支払っていないでしょう?。YouTubeもそれが分かっているからこそ、抗議に対して削除に応じているわけで。現状のままでは、YouTubeへのタダ乗り批判は免れないと思いますね。

mohno

iPod/iTunes って、一応プロテクト(DRM、FairPlay)ありますよね。それに、普及したのはプロテクトがないからではなく、「価格」や「デザイン」といった要素が大きいのでは? 「着うた」の普及を見ても DRM の差異がそんなに影響しているとは思えないんですが。
海賊版の規制が「正規利用」に影響を及ぼすことは大きな問題ですが(それが“ラジカル”という表現なんだと思いますが)、海賊版を規制すること自体には何も問題ないと思いますね。
あと、
> 金を出しても欲しいと思える音楽がない
これはまったく同意できないです。私にはありますし、そういうものに対価を支払っています。

allen

iPod/iTunesが成功した理由は、iTunesというインターフェースに優れ、非常に使いやすいソフトと、小型軽量でおしゃれなiPodという魅力的なハード、ソフトとハードの両方をトータルのパッケージとして提供したことにあり、著作権うんぬんではないと思います。(ソニーもiPod/iTunes以前からネットワークウオーマンなどの取り組みがあり、それなりに優れたハードだったとは思いますが、いかんせん、楽曲管理転送ソフトの出来が悪かった)
 著作権の話になると、すぐにiPod/iTunesの例を出す人がいますが、アップルもDRMを採用していることから分かるように、現状の著作権の枠組みを壊そうとしているわけではないのです。

通りすがり

> これはまったく同意できないです。
> 私にはありますし、そういうものに対価を支払っています。

「金を出しても欲しいと思える音楽がない」
この部分は、あくまで私個人の立場からの見解ですね。
個人的な見解なんですけれども、こと音楽に関していえば、昔に比べ「欲しい」と思える物が殆どない、というのが私の現状です。音楽的な良い・悪いは別にしても、支払う対価と得る物のミスマッチが、私の場合には発生しています。
で「旧来からの音楽業界の衰退(?)」を考えるに、私だけでなくこの「ミスマッチ」を感じている人も多いのではないかと思うわけです。
そのミスマッチの要因が音楽的な物なのか、価格的な物なのか、それとも別な物なのか、それは人それぞれ違うでしょうし、複合的な要因である事も十分考えられるかと思います。
生活の質も、余暇も、スタイルも、懐具合も千差万別になり、またどんどん変化していく中「著作権法を改正=市場規模が拡大」という単純な構図にはならないと思うわけです。
本当に市場規模の拡大を望むのであれば、もっと他のアプローチの仕方があるのではないかと思うわけです。

beatnik

>アップルもDRMを採用していることから分かるように、現状の著作権の枠組みを壊そうとしているわけではないのです。

iPod/iTunes愛好家==DRM反対派と決めつけているようですね。

"使い勝手"はallenさんの言うパッケージの重要な要素です。私はiPod/iTunesのDRMは最も"使い勝手"のバランスが良いと思ってます。逆にプレーヤーがappleに限られるのが唯一の弱点でしょ(大きな問題ではないですが)

仮想ですが、例えば、一度プレーヤーに転送した曲は、再度PCに戻さない限りPCで視聴出来ないとしても使いやすいと思います(またはその逆)? どんなに管理ソフトウェアが優れていても、嫌ですね。
「近視眼的発想での著作権法改正」で、そんな世界になるのは避けて欲しいと願うばかりです。

mohno

> 昔に比べ「欲しい」と思える物が殆どない
それは単に、若い頃に聴いた音楽(の流行)が染み付いているという、ごく一般的な話なのでは? 私もそうですが、自分の親(の世代)が私(の世代)が好きな音楽を気に入ってくれるとは思えません。テレビコマーシャルだって、対象年齢層によっては昔の曲を持ち出してきますよね。
それに、複合的な要因を考えてよいなら、
> 他のアプローチ
“も”考えればよい、ということではないですか?海賊版の規制を考えるべきじゃない、という論点はヘンです。

allen

>「近視眼的発想での著作権法改正」で、そんな世界になるのは避けて欲しいと願うばかりです。
ちょっと、被害妄想というか、話が拡散しているようですね。朝日新聞の記事は、海賊版のダウンロードを規制しようという趣旨で、正当な対価を支払ったコンテンツの移動を制限する、という話ではないと思いますが。政府もそこを規制しようとはしてないでしょう?。

通りすがり

> ごく一般的な話なのでは?
そういう要因もあることはわかっています。

> 海賊版の規制を考えるべきじゃない、という論点はヘンです。

いや、ですからですね。いつ私が「海賊版の規制を考えるべきじゃない」なんて言いました??
ずっと何度も申し上げてますが、そんな事は言っていませんよ? 正直、何度も同じ趣旨を説明する事は疲れますし、失礼ながらこれ以降、私に対するコメントはご遠慮ください。

mohno

allen さんも書いていますが「海賊版ダウンロードの規制」が記事の趣旨ですよ。結局、皆さん、「海賊版の規制」には反対じゃないということでよいわけですね?
> 私に対するコメントはご遠慮ください
これにコメントされなければ、私もコメントしません。

栗原潔

ちょっと論点がずれてると思います。私はDRM反対だとか、コンテンツ違法コピーOKと言っているわけではないですよ。
著作権制度のポイントは保護と利用のバランス。権利者の保護だけを考えてたら、コンテンツ産業はかえって衰退するのではと言っているのです(これは、今や突飛でも何でもない当たり前の意見でしょう。)
この論点に沿った議論をお願いします。

mohno

これは栗原さんに対するコメントですが:-)、その論点でのコメントは最初に書いたとおりです。
補足するなら、「米国メディア企業」に「流行っているなら YouTube でも使え」という考え方はあるかもしれませんが、「YouTube での侵害を無視しよう」という考え方はないでしょうね。
まあ、コンテンツ産業が衰退するような規制なら、そもそも権利者の保護にすらなりません。

栗原潔

あらゆる規制は個人の自由とのバランスの問題です。たとえば、違法駐車を厳しく取りしまるべきだからと言って、違法駐車の車を破壊して良いというルールは行き過ぎでしょう。
そういう意味で、アップロードする側だけではなくて、ダウンロードする側も罰しようという規制が検討されていることに危機感を抱かない人がいるというのはちょっと衝撃でした。JASRACの当事者ですら「過激」と考えるYouTubeの日本からのアクセス規制案を「妥当」と考える「超過激派」の人もいるようなので、まあいろんな考え方の人がいるということなのでしょうが。

mohno

バランスの悪い方向に向かうようなら、もちろん反対ですよ。たとえば、YouTube の日本からのアクセス規制については反対です。また、不正・合法の区別が付かない状態でダウンロードしたファイルが不正だった場合にまで犯罪者扱いされるようなら断固反対しますね。でも、このエントリの指す記事は、そこまで言及していないですよね。
この記事を読む限り、路上で売られている不正ゲームカートリッジとか、偽ブランド品の購入(違法品と知りつつ行う行為)と同じように、海賊版の意図的な入手を明確に違法扱いしたいという話じゃないかと思いますが、いかがでしょう。

allen

>たとえば、違法駐車を厳しく取りしまるべきだからと言って、違法駐車の車を破壊して良いというルールは行き過ぎでしょう。
堂々巡りの議論のような気もしますが、最初から違法駐車しなければ良いだけの話だと思います。違法駐車の車を破壊するという例えもどうかと思います。海賊版のダウンロードは現時点では違法ではないわけですが、迷惑に思う人がいるのも確かです。今回の議論は、いわば「迷惑駐車」を「違法駐車」と位置づけようというもので、個人の自由が奪われるという話ではないと思います。「迷惑駐車をする俺の自由が奪われる」と主張する人もあるでしょうが、そういう人がどんどん増えていくと、車社会というのは成り立たなくなりますよね。

栗原潔

>mohnoさん
細かい話しになりますが、何で海賊版のダウンロードを違法にすることが問題視されているかというと、そもそも今ダウンロードが合法であるとされている根拠が著作権法30条の私的複製権にあるからなんですよ。
つまりダウンロードを違法にするということは私的複製権の制限につながるということで憂慮する識者がが多いわけです。たとえば、去年の話ですが、 http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0506/01/news031.html を参照。

栗原潔

それから、不正ゲームカートリッジや偽ブランド品の購入も個人使用を目的とする限り違法ではないですね(道義的にはほめられませんが)。一般に、譲渡する側が罰せられるのは当然として、譲渡される側が罰せられるのは覚醒剤等の相当に反社会的な物に限定すべきと思います。

だむ

まあ要するに、政府は日本のコンテンツ産業を壊滅させたいって事じゃないのかね。

欲の皮の突っ張った中間搾取団体の言いなりになったあげく、その中間搾取すら出来なくなるってのは昔話に良くありそうな展開ですな。

情報ありがとうございます。そのリンク先にある
> 短絡的な規制は反対
というのは同感です。いいから何でも規制しちまえと思っているわけではないですし、かつての「還流CD」の件もありますから、文化庁(今回は知的財産戦略本部だそうですが)に全幅の信頼を置いているわけではありません。
ただ、最初のエントリに書いたとおり、海賊版が増えているからこそ、規制の話が出てきているのだと思います。「バランス」というなら、権利侵害が増えているのに、規制がないままで、権利者に不利になる一方でバランスを欠きます。仮に「著作権(あるいは知財)に関する利用者の認知度は向上しており、不正利用が減っている(せめて増えない)のに、規制を強化するのは暴挙だ」ということであれば、おっしゃるとおりなんですが、現実はそうではないですよね。
著作権に限りませんが、本来規制なんて「無い方がいい」に決まっています。でも、網の目がくぐるヤツが出てくるので、新たな法律が作られます。最初のエントリに書いたとおり、マナーの悪い喫煙者がいるから路上喫煙が規制されてしまうのと同じようなものだと思います。どちらかというと、「利用者の権利を守り、自由が規制されないよう、海賊版に手を出すのはやめよう」と呼びかけるべきではないでしょうか。

mohno

> 不正ゲームカートリッジや偽ブランド品の購入も個人使用を目的とする限り違法ではない
失礼しました。
不正ゲームカートリッジもそうですか。著作権侵害になると調べたつもりでした。
偽ブランド品は海外から持ち込んだ場合について、この件と同じように知的財産戦略本部で検討されたようですね。あとで気付きました。
ちなみに、フランスなどでは所有も違法のようですね。

栗原潔

補足しておくと、プログラムの著作物は、購入時に海賊版であることを知っており、かつ業務上の使用であれば、使用しただけでも著作権侵害となります。ソフトウェアは他の著作物と比較してやや保護が強くなっているわけです。
要は、保護と利用のバランスは絶対的に正しいポイントがあるというのではなく、状況に応じて臨機応変に変えるべきものということです。とは言え、過剰に保護の側にバランスを持っていくのはよろしくないでしょう(個人の権利を侵害するという点と、かえって産業・文化の発達が阻害されるという二重の意味でよろしくない)。
ところで、他のブログなどを見てみると、今回の海賊版コンテンツのダウンロードの違法化については慎重論が多いようなので、そういう点では安心しました。

Wikipedia検閲のコメントにも書きましたが、海賊版が多いから関連する行為を禁止しろというのは、あまりに幼稚な発想だと思います。
ビジネスで考えるなら、海賊版が多いことを利用して儲けることを考えるべきでしょう。もちろん、合法的にですよ。すでに例が出ていますが宣伝に利用して周辺権利(グッズなど)で儲けるという方法もあります。
クリエーターの利益を守るという発想ではないのでしょうね。既得権益を守りたいだけな気がします。

mohno

> 個人の権利を侵害
う~ん、「海賊版をダウンロードする権利」が侵害されて何が問題なんでしょうね。
困る人、います? :-p
> 既得権益を守りたい
「既得権を守る」=「悪」という発想が安易だと思いますね。みんな、“他人の”既得権は軽視するんですよねぇ。

allen

あるネットラジオより
女性声優「アニメファンのブログとか結構見るんですけど、みんな被害妄想っぽいですよね。はっきり言って作っている人とか、メーカーの人は、そんな搾り取ろうとか思ってないから(笑)」
プロデューサー「あっはっはっ(爆笑)」
女性声優「まっとうな商売をしようっていうか、作ったものに対してお金払って見てもらって、楽しんでもらおうと思っているだけなのに。みんな、すぐ『なんとか商法』とかね。すごく被害者っぽいから、普通に楽しんでくれればいいのになあ、と」
プロデューサー「金のない奴ほど、そういうこと言うんだよ。金を落とさないやつほど(笑)」

allen

オルタナティブ・ブログでは、このエントリーのほかに
ここまでパクるか!中国版mixi
http://blogs.itmedia.co.jp/infra/2006/11/mixi_824d.html
のエントリーが話題となってます。そこに寄せられたコメントは、けしからんという意見が大勢ですね。トラックバック先を見ても、中国に大して厳しい意見が多いですよね。これに限らず、2ちゃんねるなどでは、中国、韓国が日本の著作権を侵害するような行為があると、こてんぱんに叩かれますよね。しかし、こちらのエントリーでは、「海賊版をダウンロードするのは個人の自由」と受け止められるような趣旨のコメントがあるように思います。この差は何でしょう。海賊版をダウンロードするという「既得権」を守りたいのでしょうかね?

栗原潔

>>mohnoさん
個人の権利とは著作権法30条に定められた私的複製の権利のことです。いかなるケースでも法律に定められた権利が制限される改正が行なわれる時は慎重になるのは当然でしょう。
また、カナダの事例ですが、P2Pでのダウンロードは(仮に違法ファイルのダウンロードであっても)合法との判断がされています。http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20062809,00.htm

mohno

かみ合いませんねぇ。
まず、栗原さんは「海賊版のダウンロード」が現行法で認められた「権利」であり、これは保護すべきとお考えである、ということですか? そうである場合、他に賛同される方はいらっしゃいますか? (名乗る人がいたら驚くけど:-p)
たとえば、「海賊版のダウンロードを取り締まろうとするあまり、著作権法三十条に“明記”されている、私的複製の権利まで脅かされるようでは困る、そうならないように改正は慎重に行うべき」であればわかるんですけどね。そもそも「法改正に慎重を期すな」と言う人はいないと思います。
どうも海賊版の増加という事実を無視して、「改正を考えること自体」を否定されているように読めるのですが、どうでしょう。
ちなみに、著作権法三十条の二には「第百二十条の二第一号及び第二号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合」は例外扱いとなっていますね(第百二十条はいわゆるプロテクト外し)。海賊版をダウンロードした人が「プロテクトを外した事実を知りながら行った」ことを証明する方法が(たぶん)ないので、現行法で適用が可能かどうかはわかりませんし、だからこそ改正案の話が出てきているんでしょうが、この条文の意図するところは「海賊版にまで権利を認めないよ」ということではないでしょうか。
「海賊版のダウンロードが規制されたら、きっと次は私的複製まで規制されるようになるぞ」という“妄想”があって、その“妄想”に反対意見を出しているように見えてしまうんですよね。
あと、リンク先のカナダの事例は、記事中でも指摘されているとおり、判例ではなく著作権監督機関の見解となっていますね。それに3年前ですね。
(自分でエントリ書くほうがいい気がしてきた・・・)

栗原潔

>「海賊版のダウンロード」が現行法で認められた「権利」であり、
>これは保護すべきとお考えである、ということですか? 
>そうである場合、他に賛同される方はいらっしゃいますか?
> (名乗る人がいたら驚くけど:-p)
つカナダの著作権監督機関
つ道垣内正人氏(東京大学教授)
正確に言えば、個人利用のための(海賊版のダウンロードも含めた)ダウンロードは、著作権法30条で認められた権利なのはほぼ疑義がありません。法律がおかしいから変えろという意見は当然ありですが、本当にそれが最適な方法なの?ということを私は問題提起しているわけです。

話ちょっと変わりますが、
たとえば、共謀罪の是非の議論をしていたとします。個人の人権、運用上の難しさ、公共の利益のバランスを考えて、共謀罪制定もやむなしという結論に至るのはありですが、「悪事を準備してる奴らを保護する必要はないので共謀罪全然OK。反対してる奴等は何か悪巧みでもしてるのだろう」とするのは正直短絡的すぎる思考形態と思います。

>「海賊版のダウンロード」が現行法で認められた「権利」であり、
>これは保護すべきとお考えである、ということですか?
>そうである場合、他に賛同される方はいらっしゃいますか?
私は守るべきだと考えます。海賊版は作る奴が悪いのであって、使う自由はあると思っています。まあ、限度問題なんですが、現在の著作権法は割とバランスが取れていると思います。
重要なのはクリエータ(著作物を作った人)が創作活動を健全に続けていけることです。周辺ビジネスで儲けてる人のことは考える必要はないと思います。
たとえ海賊版であっても私的であれば自由に使えることはクリエータにとってマイナスなことばかりとは限りません。プラスの部分を上手く利用することでクリエータの利益にする方法はいろいろあるはずです。すでに具体例も出ていますね。安易に禁止にしてしまうとその道も閉ざされてしまい、現在よりクリエータにとって悪くなる可能性も考えられます。そして私は海賊版のダウンロード禁止はクリエータにはマイナスが大だと考えます。

神ならぬ人間は全てを正しく判断できるわけではないことをもっと自覚すべきだと思います。事後に判断した場合正しくできることでもその場で正しく判断できるとは限りません。間違った判断の結果非のない人の権利が犯されることはあってはいけません。

mohno

驚きますね。「“かいぞくばん”のだうんろーど」ですよ。
共謀罪は議論してませんが、一応コメントしておくと、共謀罪には反対です。たとえば、悪事を議論したところで「行為」があるまでは「犯罪を思いとどまる」という余地がありますからね。実行しなくて罰する法律として凶器準備集合罪などはありますが、これは凶器まで準備していたら思いとどまる可能性は低い。むしろ行為を未然に防ぐ方が人々の利益だと判断されているものと理解しています。その点では著作権での「侵害行為」は「ダウンロードした時点」ではなく「視聴した時点」で考えるべきといった「慎重な議論」はあってよいでしょう。まあ、ダウンロードして視聴を思いとどまる人はいないと思うけど:-p
さて、道垣内正人氏の意見が何なのかわからないですが、元々海賊版という著作権者の許可を受けないで、かつ私的な範囲を超えて複製する行為は認められていません。法律が万能で海賊版の作成(アップロード)が一切行われなければ、利用(ダウンロード)行為もないわけですが、現実はそうではありません。
ネットワークがない時代には、個人の範囲を超えた不許可複製については供給側を規制することで抑止力はあったと思います。利用者は誰かから直接受け取るわけで、供給側を特定できるからです。パソコン通信のような ID で管理されていた時代も、ある程度は抑止力を持っていたでしょう。ところが、インターネットが普及し、ブロードバンドが当たり前になり、特別な技量を必要とせず匿名で海賊版をアップロードができるようになった今、供給側への対策だけは有名無実になってしまう。だから、ダウンロード側への対策という考えになっているんじゃないですかね。
「法律がおかしい」のではなく、「法律が時代に合わなくなってきた」ので、変えることを考えよう、ということですよね。時代の流れて世情が変わり、法律が時代に合わなくなるのは普通のことで、それが条文の解釈が変わるのか、条文そのものを改正するのかはともかく、無思慮に個人の権利だから規制するなというのは、やっぱり納得できないですね。
> 他のブログではダウンロードの違法化に慎重論が多い
「関連する権利への悪影響」ではなく「海賊版のダウンロードという権利を守りたい」という意見が多いのだとはにわかには信じられませんが、そうだとしたら、いったい既得権にしがみついているのは誰なんでしょうね。
そもそも、途中で引用された「米国メディア企業」が「海賊版のダウンロードを個人の権利として守るべき」と考えていると思います? 今年の6月にアメリカで映画を見たときには「インターネットで公開されている海賊版に手を出すな」というようなプロモーション映像が流れていましたけどね。流行っているサイトを利用することと、海賊版(のダウンロード)を認めるということは、まったく別のことです。
当たり前ですが、たとえば安易に「プロテクトが外された複製を禁じてしまう」と、ほんとうに個人的な複製行為まで影響するでしょうから、そういうことへの「慎重な配慮」は必要だと思います。それこそ、あくまで供給側の取り締まりを強化すべきだということになると、ISP が個々の接続について詳細な記録を取るよう義務付けられるとか、ヘンな方向に走っちゃう恐れだってあります。まあ、今はこれも“妄想”の範囲でしょうが、還流CD規制と洋楽CDの並行輸入なんて例もありますからね。
あと、誤解はないと思いますが、クリエイティブコモンズのような活動を否定していないですよ。創作者が自由な場所におきたいのであれば、いくらでも置けばいいんです。インターネット・ブロードバンドが普及した今、いままでと違う配信方法にチャレンジすることまで否定してるんじゃありません。
余談ですが、前のコメントで「みんな、“他人の”既得権は軽視するんですよねぇ」と書きましたが、
> 周辺ビジネスで儲けてる人のことは考える必要はない
「知財の専門家」という、まさに創作活動の周辺でビジネスをされている方のブログのコメントで凄いこと書きますね。:-p
やれやれ、いつもの自分のブログへのエントリよりずっと長い^_^;

栗原潔

>>mohnoさん
私へのコメントと半日庵さんへのコメントがごっちゃになっていてわかりにくいので、私のポジションをもう一度明確化しておきますと、私的利用のためのダウンロード権は(海賊版をダウンロードしてしまう可能性があったとしても)守るべきという考えです。半日庵さんの意見は「利用」側にバランスがより過ぎだと思います。まあ、世の中には、Richard StallmanのようにDRMにも反対というポジションの人もいるのでひとつの意見としては認めますが。

allen

Youtubeを擁護するとき「表現者は、作品をとにかく見てもらいたい」っていう論理使う人がいるけどさ、そういう人って自分で何かを作ったことあるんだろうか?
http://soulwarden.exblog.jp/m2006-10-01#4062523

言わせてもらう。テレビ録画のアップは、どんな理由をつけても犯罪だ。著作権の例外規定にあてはまらない限り。無条件でYoutube褒めてる奴は「ナイス万引き!!」って言ってるのと変わりはしない。
http://soulwarden.exblog.jp/m2006-07-01#3379529

栗原潔

もう1点補足しておきますが、著作物の保護から利用にバランスを移せというのは、ユーザーの利益のためにコンテンツ企業側(クリエーター側)が泣けと言っているのではないですよ。コンテンツ・ビジネスはゼロサム・ゲームではないのです。利用の側にバランスを移すことで、結果的にコンテンツ提供側も潤う可能性が高いでしょう。このエントリーの主旨は、最後のAsahiパソコンの引用部分にあるということをご理解下さい。
===
日本は、世界で最も厳しい規制を最も早く取り入れ、摘発も最も厳しい国の1つと言える。そのような日本だからこそ、先進的なサービスも世界で最も早く始まる――というのなら理解しやすい。だが現実は逆だ。
===

mohno

余談以外は栗原さんへのコメントです。
要するに「個人の既得権なので守るべき」ということですね? 凶器準備集合罪ができるまでは「凶器を準備して集まる権利」があったんだと思いますが。
考えを変える材料も、幼稚だと揶揄される理由も、まったくわからないですね。
というのが「私のポジション」です。

mohno

先に書いたとおり、補足されたことは「海賊版をダウンロードする権利」とは別の話ではないですかね。コンテンツ供給者に「金を貰うまで見せない」ビジネスだけじゃない、と意見することは別に否定しないですよ。コンテンツ供給者が認めた時点で、それは「海賊版」ではなくなるのだから。
引用部分については、以下のとおり質問しています。
> 「米国メディア企業」が「海賊版のダウンロードを個人の権利として守るべき」と考えていると思います?

allen

海賊版のダウンロードを認めることが、クリエイターの利益に通じるという論理構成は、私もどう考えても理解できません。「違法ダウンロード既得権者」は口を開けば、クリエイターのためとおっしゃってますが、それでは、以下のような現場のクリエイターの言葉をどう考えるんでしょう?。
以下、あるネットラジオより
監督「ネットに何が転がっているんですか?...ああ、MP3か何かで上げるやつですか。あれ、軽はずみにやられると困りますよね」
プロデューサー「お前らはいいかもしれないけど、作家はそれで死活問題なんだから。いい加減にしろって」
監督「まじめにお金出して買ってる人が、かわいそうですよね。で、こういうタダで転がっているのを落とすから、(パッケージの)値段が上がっちゃうとか、そういうことになるんですよね」

栗原潔

> 「米国メディア企業」が「海賊版のダウンロードを個人の権利として守るべき」と考えていると思います?

「米国メディア企業」はそうは考えてないでしょうね。消費者団体、法曹関係者でそう考えている人は多いと思います。
フランスでは私的利用である限りP2Pからのダウンロード(さらにはアップロードまでも!!)合法と判断されているようです
http://www.theregister.co.uk/2006/02/08/france_legalises_p2p/
当然ながらコンテンツ企業は泣き寝入りではなく、何らかの形で対価が還流する仕組みも同時検討されているようです(日本で言えば、貸レコードとかデジタル録音機器の補償金のような考え方です)。

mohno

> 「米国メディア企業」はそうは考えてないでしょうね。
であれば、この流れで「米国メディア企業の考え方」を持ち出すのは不適切だったと思いますね。
繰り返しますが、コンテンツ供給側がいろんなビジネスモデルのこと“も”考えろというのはいいんですよ。民放テレビのように広告モデルを取り入れるとか、見てもらうことがお金を生み出すような仕組みがあるだろうとか。利用者は選択すればいいんですから。
でも、私が問題にしているのは「海賊版」=「著作権者の許諾を得ない複製」です。“私的”というのは“金銭が絡まない”と等価ではないでしょう。著作権法第三十条には「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内」と明記されています。私的な複製は、この範囲に限るべきだというのが著作権法の意図するところだと思います。
> 消費者団体、法曹関係者でそう考えている人は多い
個人的にその手の知り合いがいないので、あえてステレオタイプで考えると、米国では自己と他者の双方の権利を考えると思いますね。むしろ、著作権にうるさいのが米国であり、だからこそ(企業が安心して)「先進的なサービスを始まる」という見方もできるんじゃないですかね。もっとも、現実には「i-mode」とか「着うた」とか「ADSL」とか、日本の方が先行したサービスは色々あると思います。
> フランスの判断
驚きですね。非商用であれば、P2P に限らず見知らぬ誰かに複製を渡すことが認められたということでしょうか。さすがは iTunes DRM公開法を提案した国ですね(これは撤回されたけど)。ベルヌ条約を批准した国とは思えない判決で、私は支持しません、というポジションです。それより、こんなカタチで補償金を「余分に」払わねばならなくなるのだとしたら、私からすれば、はなはだ迷惑な話です。
しかし、補償金制度なんて機能するんでしょうかね。技術が進歩して P2P で高画質コンテンツが流通するようになったら、この判断を後悔する気がしますね。

mohno

それにしても、「海賊版ダウンロード」を肯定する人がそんなに多いなら、かえって「野放しを防ぐために、規制する法律が必要」という意見を後押しするような気がしますね。

mohnoさんは、「海賊版ダウンロード」を規制すべきと主張しているのは、それが悪いことと感じているからだと思います。主張を聞いていると盗品を使うことが許されるわけないだろうという感じです。まあ、気持ちは分かりますが、法には精神という目的があります。

著作権法は著作物を作る人が引き続き創作活動を継続できるようにするのが大きな目的だと私は考えています。そのためにいろいろな権利を保障しているわけです。安易に禁止すれば創作活動が保障されるのでしょうか。そのあたりのロジックを伺いたいですね。

なぜそんなことを言うかといいますと、CDなど音楽業界など規制に熱心な業界、アメリカンコミックのように規制に熱心な会社、みな商売としては下降ぎみな上に、それぞれのクリエータに報いいている 部分も少なく感じるからです。

mohno

> 盗品
盗品は、それと知らずに購入したとしても、返却後義務があるのはご存知ですよね?
> 法の精神
これではわかりません。著作権法の第一条(目的)には「この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。」とありますが、私には「海賊版のダウンロード」を認めるべきという精神は読み取れません。行間ではなく客観的に明文化された「精神」が書かれているのであれば教えてください。
> 安易に禁止すれば創作活動が保障される
禁止しなくても保障されるという保証はどこにあるのでしょうか。
> 規制に熱心な会社、みな商売としては下降ぎみ
過剰な規制が嫌われるのは当然だと思いますね。たとえば、私はCCCDは買いません。私的な複製が制限されますからね。しかし、海賊版の規制が過剰だとは思いません。
また、商売が下降気味の会社は、技術的な規制だけでは追いつかないほど不正が蔓延しているのだと主張するかもしれませんね。

コメントを投稿する