オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

27歳

»

先週の金曜日にオルタナブロガーミーティングがあった。
メインはマリコ駆ける!の大里真理子さんのキャリアについてのプレゼンをきいた。

真理子さんの話の中で一番僕の心を引いたのは

『27歳でケロッグ大学のMBAを挑戦した』だった。

何しろ僕も今の年齢は27歳だ。

27歳の真理子さんはIBMという大企業にいたにもかかわらず、いろんな葛藤をへてMBAに挑戦している。

僕自身はとてもじゃないけどMBAをとりにアメリカに行けるほどの行動力も無ければ、基礎学力もないし、まぁお金も心もとない。

人生の先輩の話を聞くと、キャリアの多様性について深く考える機会になる。

真理子さんは、話の中で、知識と経験と助走の話をしていた。

人間は30歳ぐらいで知識のピークを迎え、

そこから先は経験を積んで助走して飛躍につながるようなイメージを話していた。

じゃあ僕は3年間で何の知識を得て、どう飛躍したいんだろうか?

大学進学や、就職活動など、折に触れて、僕は自分の人生の棚卸しをしてきた。

一番最近は、Decadeを作った時だろうか。

調べてみたら2008年の事だった。もう2年前の話だ。

僕の「Decade」が完成しました。

あれからもう2年経った。僕のDecadeは2年前から止まったままだ。

久しぶりに読み返してみると、たった2年前の自分なのにひどく幼く感じるところがある。

読み返し自分の最後に取り上げた言葉

『答えは日常の中にある』という言葉にぶつかった。

僕がこの先、どういう人生でどうなりたいかは、

きっと自分の日常の中にあるに違いない。

僕はもう一度、Decadeを書き直して、自分に向き合ってみよう。

Comment(1)

コメント

工藤さん、こんにちは。
マリコさんのお話、面白かったですね。
「いくつでMBAを取りに行くのがベストか」という質問に対して、「いつでも、いい」と明るく答えていらしたのが印象的です。
走りながら、知識を吸収していく中で、踏み切りのタイミングだったり、飛ぶ方向が見えてくるのかも知れません。

コメントを投稿する