オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

廉価になったテクノロジーの最大利用例【GPSの場合】

»

ユニリーバの海外事例を見てて斬新すぎるGPSの使用例が出てた。

洗剤にGPSを埋め込み、購入者宅を電撃訪問プロモーション

嘘くさいタウンページのCMよりもこっちのCMで訪問した家のほうが、
100倍ぐらいリアルな感想が出てきそうな感じだ、

これがお客さんに断っている断っていないはともかくとして、
このアイディアは応用が出来る物でもある。

例えば、芸能人のグッズを販売するときに1つにだけGPSをしかけ、
その日の夜か翌週の夜かに突然訪問されたら?

現代のプロモーションには驚きが必要だ、
たとえそれを見ていない人も映像としてみたら驚くような。

企業はできるかぎり人を傷つけない優しいプロモーションを目指しがちだが、
こうした攻めのプロモーションで驚きを持った物、
しかもアナログとデジタルが共存しているような、おもしろおかしい物は
人の心に突き刺さると思う。

横井軍平氏ではないけれど一般的になった『GPS』を
ユーザコンタクトの道具として利用した
『枯れた技術の水平思考』的なアイディアは、
実は目の前に眠ってるのかもしれない。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する