オルタナティブ・ブログ > プログラマー社長のブログ >

プログラミングでメシが食えるか!?

安くても音の良いイヤホン

»

先日息子がずっと欲しがっていたノイズキャンセリングイヤホンを買いに行きました。

P1001249.jpg

音楽好きでいつでも音楽を聴いていたい息子としては電車の中などで静かに音楽を楽しみたいということのようです。

P1001257.jpg

ついでに、在庫処分品で気に入ったらしい、このウッドボディの香港製イヤホンも購入。3000円以下でこの音は嘘のような良い音です。

P1001251.jpg

早速箱から取り出して視聴してみる息子。イヤーピースが合わなかったらそれも探したいということです。幸い大丈夫そうということでした。

P1001259.jpg

私のBOSEのノイズキャンセリングイヤホンと息子が買ったSONYのノイズキャンセリングイヤホンです。どちらもバッテリーと回路が入った箱が邪魔ですねぇ。聴き比べた感じでは、SONYの方がドンシャリ傾向で、ノイズキャンセリング性能はほぼ互角。電源OFF時の音質は断然SONYが上という感じです。気になるのは、SONYの方はBOSEに比べてケーブルが細いので長年使って断線とかがちょっと心配とい点です。

4.jpg

さて、私もずっとカスタムIEMが欲しいと思い続けていたのに息子ばかり買い物をされては悔しいので(?)、数千円で購入できる4機種をじっくり聴き比べてみました。個人的に気に入った順で上から並べました。

低音がしっかり出て、高音の抜けも良いものが上の2つでしたが、2個目は視聴機のイヤーピースが左右サイズ違いになっていてどう頑張ってもまともに聴けなかったのと、見た目が1番上の方が気に入ったので・・・

P1001253.jpg

買ってみました!6000円台でこのパッケージはなかなかゴージャス。

P1001309.jpg

他の3機種はケーブル交換が可能なのですが、これだけは不可能。そのかわり、プラグもなかなか格好良いものがついています。

P1001261.jpg

じっくり自宅で聴き比べましたが、これはかなり気に入りました。ちょっとボーカルに癖が出る感じですが、低音の深さや、高音の抜けは、お気に入りのかなり値段の違うイヤホンと比べてもそんなに負けていないと感じました。見た目もなかなかいい感じですね。ロゴシールがついていますが、とりあえず貼らずに使っています。

P1001306.jpg

ポタアンを使うとさらに低音が深みを増し、ちゃんと違いがはっきり分かります。これではほとんど売値が同じスマホ付属のイヤホンや標準品の純正イヤホンは悲しくなってしまいますね。

ということで、今どきは安くても音の良いイヤホンがいろいろあるものだと感心したのでした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する